セブン限定「なると金時の洋風芋ようかん」
ようかんというよりは……スイートポテト

セブン-イレブン限定「なると金時の洋風芋ようかん」を食べてみました。冷たくしても温めても楽しめるお菓子です。

セブン限定「なると金時の洋風芋ようかん」
パッケージはこちら

価格は158円で、カロリーは104kcal。クリーミーな口あたりで風味豊かで自然な甘味があるサツマイモの銘柄「なると金時」に、生クリームと砂糖を加えて練り上げてあります。

セブン限定「なると金時の洋風芋ようかん」
崩れないよう紙の器に入っています

ようかんと銘打っていますが、スイートポテトや芋きんとんに近い印象です。包装を受けると小さな紙の器に入っていますが、中から出す際は慎重に。冷やした状態でもとても崩れやすいお菓子です。

セブン限定「なると金時の洋風芋ようかん」
冷たい状態だとねっとりっしています

口あたりはひたすらやわらかくしっとりしていて、舌で押すだけで簡単に崩れるところも、やはりスイートポテトのように感じます。生クリームのおかげでまろやかな後味があり、また食べてゆくと結構おなかにたまります。

セブン限定「なると金時の洋風芋ようかん」
舌ざわりはしっとり

ちなみに温めてもおいしいとあり、袋を少し切って、電子レンジで加熱すると、なると金時の香りが立ちのぼって、芋の甘味もいっそう強く感じられます。

加熱時間の目安は家庭のレンジで主流の500W出力なら30秒、お店などの1,500Wのレンジなら10秒。注意したいところとして、温める際は紙の器からようかんを出さないこと。お皿などに移してから加熱すると崩れてしまいます。温めたあとはスプーンがあった方が食べやすいでしょう。