ラミーチョコアイス

ロングセラーの洋酒チョコレート「ラミー」。冬季限定なので、毎年これが発売されると「もうそんな時期か…」と時の流れにしみじみするんですよね。

そして今年もまたラミーの季節が到来。しかもチョコレートのカテゴリーを飛び出した「ラミーチョコアイス」が登場しました。ファンとしてはスルーできない期待の新作を実食レビュー!

ラミーチョコアイスとラミー

どんなアイス?

ラミーチョコの味わいを再現した生チョコレートとラムレーズン入りチョコアイスを合わせたカップタイプのアイス。ラムレーズンは、ラミーチョコ秘伝のラム酒レシピに基づいてアイス用にアレンジされています。想定価格は210円(税別)。

ラミーチョコアイス

ふたをめくるとまずは一面に生チョコレート。冷凍庫から出して少し時間をおいて柔らかくなってきたら食べごろ。なめらかにとろけながら洋酒の香りをふわっと広げます。アルコール分は0.7%で、アルコール分3.7%のラミーチョコと比べると喉元に残る“お酒らしさ”は控えめ。

ラミーチョコアイス

続くのはカカオの香り豊かなチョコアイス。生チョコと合わさることでよりラミーの風味に近づきます。味はラミーなのにひんやりとした口あたりなのがちょっと不思議な感じ。

ラミーチョコアイス

中にごろごろ入ったラムレーズンが時折アクセントをプラス。とってもジューシーで、噛む度にさわやかな甘みとラムの芳醇な香りが放たれます。寒い日に暖かい部屋でゆったり食べたい大人の味わい。

ラミーチョコアイス

再現度は?

個人的な感覚だと、ラミーチョコの再現度は85%くらい。アルコール感が控えめな分、いつものラミーを想像して食べるとちょっと物足りないかな。でもやわらかな口どけと濃厚な味わいは巧みに再現されていました。

ちなみに「ラミー」と合わせて、コニャックを包んだチョコレート「バッカス」も冬季限定で登場。中からコニャックがとろっとあふれ出す瞬間がたまらないんですよね。いつかバッカスのアイスが出ることを心から願っています。

チョコレート「バッカス」