マクドナルドのバーガー
画像はイメージです

10月1日の消費税率引き上げにあわせ、ハンバーガーチェーンも続々と新たな価格設定を発表しています。マクドナルドは「税込価格」をこれまでどおりに統一することを決定しました。

●マクドナルド
約7割の商品は、イートイン・持ち帰りともに現在の税込価格が据え置きとなります。つまりイートインでは税別価格を引き下げ、持ち帰りでは現行の税別価格を継続することで税込価格を維持する対応。一方、「ハンバーガー」「チーズバーガー」を含む残りの約3割の商品は、税込価格が10円引き上げとなります。表示価格はすべて税込で統一。※一部の店舗や宅配サービスをのぞく

●ロッテリア
ロッテリアでは、表示価格を税込から税別へ変更し、メニュー等には税別価格のみを表記。イートインと持ち帰りでは、税込価格が変わります。

イートインの場合は、表示価格(税別)+消費税10%。持ち帰りの場合は、表示価格(税別)+消費税8%が加算。

●フレッシュネス
フレッシュネスバーガーでは、税別価格を調整することで現行の税込価格を維持。イートインと持ち帰りで支払う価格を統一する「税込同一価格」を採用します。また、表示価格はこれまでどおり税込。

たとえば「クラシックバーガー」の場合、イートインは税別価格455円+消費税45円(10%)。持ち帰りは税別価格463円+消費税37円(8%)。いずれも支払う金額は500円(税込)となります。