丸亀製麺の「明太クリーム釜玉」
明太クリーム釜玉!たっぷりクリームスープ

丸亀製麺の「明太クリーム釜玉」を食べてきました。濃厚なホワイトソースに太いうどんがからみ、辛子明太子と卵のうまみが混じりあって、うどんなのにパスタでもあるような、シチューでもあるような一杯です。

丸亀製麺の「明太クリーム釜玉」
白い海に赤い明太子と黄色い卵黄の島が浮かぶ

丸亀製麺定番の「明太釜玉」にひとひねりしたメニュー。釜から直接すくいあげたゆでたてのもちもち麺に、明太子と玉子だけでなく、クリームスープを加えています。スープは店内で数時間おきに引いている白だしをホワイトソースに合わせ、クリーミーさの中にしっかりと和のうまみを感じられるしあげにしているとのこと。

丸亀製麺の「明太クリーム釜玉」
うどんにスープはとてもよくからみます

明太子と卵をうどんとまぜる前に、クリームスープだけのシンプルな味つけでうどんを食べてみます。とろりとしていて、麺には非常によくからみます。優しくおだやかな味で、だしも確かにきいていますが、全体としては洋食の雰囲気。ファミリーレストランなどで出てくるマカロニグラタンやホワイトシチューを連想します。

丸亀製麺の「明太クリーム釜玉」
卵黄を溶いて

丸亀製麺の「明太クリーム釜玉」
明太子も崩して

続いて卵を溶き、明太子と一緒によく混ぜて食べます。もともとスープだけでもやわらかみのある味ですが、卵がからむとさらにまろやかになり、コクが増します。つぶつぶの明太子は魚卵のうまみが強い一方、辛味はさほどでもありませんが、後味はやはり舌にぴりぴりと感じます。スパゲティカルボナーラやタラコスパゲティにちょっと似ているかもしれません。

丸亀製麺の「明太クリーム釜玉」
よーく混ぜたら

さらに緑の大葉(シソ)をうどんと一緒に巻き込んでたぐると、噛むたびにさわやかな香草の風味がアクセントになて、こってりしたうどんを気持ちよく食べられます。並盛でもボリュームはランチ、ディナーとも十分ですが胸につかえるというほどではないので、お腹の空き具合によってはサイドメニューをつけてもよいかもしれません。

丸亀製麺の「明太クリーム釜玉」
あらためていただきます!