成城石井「まるで果物のようなグァバミックススムージー」

成城石井にさまざまなフルーツが入ったスムージー「まるで果物のようなスムージー」シリーズが登場していたので購入してみました。。今回はすっぱいグァバをたっぷり使った「まるで果物のようなグァバミックススムージー」を試します。

成城石井「まるで果物のようなグァバミックススムージー」
パッケージはこちら

価格は299円(税別)で、カロリーは150kcal。1本につき1日分の果実200gを使って果汁を98%配合。1本あたり13.1gの食物繊維が入っています。香料、安定剤、着色料は不使用。

このスムージーの材料になっている果実はリンゴ、グァバ、バナナ、パッションフルーツ、ブドウ。果肉のつぶつぶ感はありませんが、とろみは強めです。少量の寒天が加えてあるのと、グァバのペクチン(ゼリーになる成分)のおかげでしょうか。

成城石井「まるで果物のようなグァバミックススムージー」
グァバのペクチンのせいか、とろみが強めです

最初のひと口で、グァバらしい酸味にはっと目の覚めるような思いがします。続いてミックスフルーツの複雑で濃厚な甘味がしっかり感じられるので、舌が慣れるとそこまでのすっぱさでもないか、と一瞬考えそうになるのですが、後味にはまたしてもはっきりした酸味が残ります。この酸味、朝や昼下がりの眠気が重たい時間には、気持ちをしゃきっとさせるとてもよい刺激になってくれます。

成城石井「まるで果物のようなグァバミックススムージー」
ねっとりフルーツ

内容量は240mlで、朝食や食後のデザートとして楽しむのにちょうどよいボリューム。炭酸で割って複数人でシェアするのもありです。