成城石井「NUMI オーガニックマテレモンティー」
レモンは使っていないのに鮮烈レモン味

成城石井の「NUMI オーガニックハーブティー」にペットボトル飲料が販売中。品ぞろえは4種類ありますが、今回は「オーガニックマテレモンティー」を試しました。

成城石井「NUMI オーガニックマテレモンティー」
成城石井がおすすめしていました

500ml入りで、価格は150円(税別)。無糖、香料・着色料不使用でカロリーゼロ。さらにレモン果汁も皮の成分も入っておらず、酸味もありません。南米のイェルバ・マテというモチノキ科の木の葉と、グリーンティー(緑茶)を配合してあります。

成城石井「NUMI オーガニックマテレモンティー」
パッケージはこちら

成城石井「NUMI オーガニックマテレモンティー」
カロリーゼロ

しかしグラスにそそいで飲んでみると、レモンのようなすっと鼻に抜ける香りがはっきりします。タイ料理に使うレモングラスに似ていますが、さらに鮮烈な味です。

成城石井「NUMI オーガニックマテレモンティー」
レモンマートルという木からとれる成分が入ってます

正体は「レモンマートル」。オーストラリアで育つフトモモ科の木の成分を使っているのだそうです。これがひと口ごとにすっきりとした香りを放ちます。「シトラール」という成分が大量に含まれているのだとか。一方、マテ茶や緑茶はまろやかでおとなしい味わいで、ハーブの個性を楽しむ邪魔をしません。

成城石井「NUMI オーガニックマテレモンティー」
氷を足してもおいしい

さらに氷を追加して冷やしてもレモンマートルの風味はおとろえず、お茶の渋味などがうしろに引く分、いっそうはっきりとレモンに似たにおいを楽しめます。せっかくのゼロカロリーの飲み物ですが、香りがはっきりしている分カクテルの割り材などにも向いているな、という罪深い気持ちも動く味わいでした。