台湾ビール 金牌、台湾蜂蜜ビール、台湾マンゴービール、台湾ライチビール

魯肉飯や牛肉麺などおいしい料理がたくさんある台湾。そんな料理と一緒に楽しみたい「台湾ビール」、飲んだことありますか?

「台湾ビール」は、台湾を代表するビールブランド。今回はオーソドックスなビールとフレーバービールの4種を飲んでみました。

・台湾ビール 金牌
台湾ビールの代表的なラガービール。麦芽とホップ、米で作られています。苦みがおだやかですっきりとした味わい。キレが良く鼻に抜ける香りも爽やかなので、脂っこい料理とも相性良さそう。アルコール度数は5%。

台湾ビール 金牌を注いだカップ

・台湾蜂蜜ビール
原料にはちみつが使用されたビール。想像以上にしっかりはちみつ味でびっくり!先にビールの香ばしさがきて、後から濃密な甘みが追いかけてきます。舌に残るのははちみつを舐めた時の後味、だけどアルコールらしさ(度数4.5%)もある不思議な感覚。

台湾ビール 金牌と台湾蜂蜜ビールを注いだカップ
見た目はそっくり

・台湾マンゴービール
アップルマンゴーの果汁を使ったビール。飲む前から予想はしてたけど、やっぱりめちゃくちゃおいしい。トロピカルな甘みがビールに溶け込んでいます。アルコール度数2.8%と低いので、お酒が苦手な人にもおすすめ。

台湾マンゴービールを注いだカップ

・台湾ライチビール
こちらもフルーツカクテルの感覚で飲めるビール。缶を開けた瞬間にふわりと漂うフルーティーな香り。口にするとライチのみずみずしい甘みがパッと弾けます。ビールらしい爽やかさもあり、食事中でも食後でも楽しめそう。アルコール度数は3.5%。

台湾ライチビールを注いだカップ

どれもアルコール度数がそれほど高くなく、肩ひじ張らずに楽しめる印象。台湾グルメを楽しむ際は、ビールも一緒にチェックしてみて!