加藤晧陽堂の「うちわ煎餅」

夏を感じるかわいらしい和菓子。石川県金沢市の加賀志きし本舗 加藤晧陽堂の「うちわ煎餅」をご紹介します。購入価格は850円(税別)。

パッケージは、白とうぐいす色の落ち着いた色合いに赤いリボンがアクセント。表面がうちわの形にくりぬかれており、中に入った煎餅をそのままうちわの色や柄として見せる技ありデザイン。お店に並んでいたら、思わず手に取りたくなりますよね。

加藤晧陽堂の「うちわ煎餅」

1枚ずつ個包装された8枚入り。異なる絵柄は5種類入っていました。和紙のような透け感のある袋も素敵。

加藤晧陽堂の「うちわ煎餅」

うちわの形は丸と角ばったものの2種類あり、それぞれ掌ほどの大きさ。つまようじの持ち手に煎餅がついたまさにミニチュアのうちわ。食べ物だと言われなければ気付かなそうなほどそっくり。試しにあおいでみると、風が頬を優しくなでます。

加藤晧陽堂の「うちわ煎餅」

もち米を精製加工した煎餅にすり蜜を化粧引きし、夏の花鳥風月をデザイン。手作りで自然乾燥させ、一枚一枚丁寧に絵が描かれています。眺めているだけで優雅な気持ちに。

加藤晧陽堂の「うちわ煎餅」

煎餅は薄く、サックリしっとりとしたモナカの皮にも似た口あたり。口内で水分を吸うと繊細にほどけて、和三盆の甘みを広げます。見た目同様味わいも上品。

加藤晧陽堂の「うちわ煎餅」

古都・金沢らしい風情のある「うちわ煎餅」。甘いうちわで涼をとるのも乙ですね。