吉野家「牛キムチクッパ」
コチュジャンの利いた旨辛スープと牛丼の具は好相性

吉野家が9月14日までの期間限定で販売している「牛キムチクッパ」を食べてみました。ピリ辛のスープとキムチの辛すっぱさが甘みのある牛肉を引き立てる一杯です。

価格は並盛490円(税込、以下同じ)。2010年に登場したメニューで、2018年に一部地域で復刻。好評だったため今年は全国で再登場しました。

吉野家「牛キムチクッパ」
真赤なスープですが、コチュジャンは強すぎず、具材の味がよくわかるしあがり

ご飯の上に牛丼の具、吉野家特製キムチ、モヤシナムル、豆腐をのせ、コチュジャンベースにコンブ、カツオ、シイタケ、牛肉のエキスを効かせたスープにひたして、最後に青ネギをトッピングしたもの。無料でハバネロパウダーを追加した「激辛」に変更することもできますが今回は見送りました。

吉野家「牛キムチクッパ」
舌がひりひりしてきたら豆腐を食べると休まります

スープは真赤ですが、コチュジャンの風味は強すぎず、牛丼の具のやさしい甘さや肉のうまみがちゃんと楽しめます。ほかの具材も一緒にほおばると、白菜キムチの酸味がスープの辛さと混ざって複雑な味わいになります。

モヤシナムルは噛むたびにカリカリ、シャキシャキという歯ごたえがよいアクセントになっています。食べ進めるうちに辛さで舌がひりひりしてきたら、豆腐をすくって口に入れると休まります。

吉野家「牛キムチクッパ」
スープのおかげでご飯も具材もするするお腹に収まります

たっぷりのスープのおかげで、暑さでバテ気味でもご飯も具材もするするとお腹におさまり、食後の満足感も高いメニューでした。