デニーズ「ファイヤー魔王丼」
コチュジャンベースの特製ソースは舌がコゲそうな辛さ

ファミリーレストラン「Dennys(デニーズ)」の復刻メニュー「ファイヤー魔王丼」を食べてきました。舌が焦げそうなほど辛いコチュジャンベースのソースに唐揚げ、半熟卵、キュウリ、白菜キムチなどを合わせたB級グルメ感あふれる丼です。

デニーズ「ファイヤー魔王丼」
2000年に登場したメニューを復刻

価格は1,078円(税込)。2000年に登場した「デニーズ史上最強の辛さ」をうたうメニューで、2019年に7月から夏休み限定で復刻しています。コチュジャンやヤンニョンジャンなどを加えた特製ソースの強烈な辛さが特徴。メニューの説明書きには、半熟卵を崩せば全体にまろやかになるといい「豪快にまぜてどうぞ」とありますが、初めからビビンパのように具材とご飯をミックスするのはちょっと危険です。

デニーズ「ファイヤー魔王丼」
白菜キムチ

デニーズ「ファイヤー魔王丼」
唐揚げ

デニーズ「ファイヤー魔王丼」
半熟卵

デニーズ「ファイヤー魔王丼」
黄身を崩すとトロリまろやかに。それでもソースは辛い……

なにせ特製ソースは本当に舌に触れるだけで火が出そうな辛さ。まずはカレーライスのルーをライスにつけて食べるように、少しずつソースをつけて味見するのがおすすめです。一口、二口と試して、だいじょうぶそうと見きわめがついたら、おもむろにスプーンで丼の中をかき回し、全体がソースでギラギラと真赤になったお米をほおばります。たちまち全身から汗が噴き出し、暑さが一瞬で吹き飛びます。

デニーズ「ファイヤー魔王丼」
まずは慎重に。大丈夫そうならあとは一気に!

一方、自分にはちょっと辛すぎると思ったら、無理せずソースをちょっとずつ唐揚げなどにつけてご飯のおかずとして楽しみましょう。半熟卵も直接ソースに混ぜずご飯にからめる方がよさそう。それでも十分に辛さを楽しめますし、食べ終わったあとは舌がヒリヒリしてお水をおかわりしたくなることうけあいです。まさに魔王の名にふさわしい丼。B級グルメ好きはどうぞ。