フライングガーデンの「爆弾ハンバーグ」

ご当地ファミリーレストラン「フライングガーデン」をご存知でしょうか。店舗は群馬、埼玉、栃木、茨城、千葉で展開されています(記事執筆時点)。

フライングガーデン

看板メニューは「爆弾ハンバーグ」。サイズは250gのキング、200gのクイーン、200g×2のダブル爆弾から、味付けは和風ソース、にんにくソース、山わさびクリームから選べます。今回は1番人気のキング×和風ソースをチョイス。価格は999円(税別、以下同じ)。

注文後に店員さんが持ってきたのは、専用のテーブルマット。テーブルで最後の仕上げをする時に服が汚れないようガードするためのものだそう。期待が高まります。

フライングガーデンの「爆弾ハンバーグ」のテーブルマット

熱々の鉄板にのって到着した「爆弾ハンバーグ」は、まるっとした俵型。すぐさま店員さんが目の前で半分に切り分け、鉄板にジュワーッと押しつけて焼き上げます。仕上げにソースをかけて出来上がり。油やソースが少しはねてきますが、テーブルマットでガードしているので大丈夫。


フライングガーデンの「爆弾ハンバーグ」

目と耳と鼻で楽しんだらいよいよ舌の出番。アンガス牛主体の赤身肉を挽いて作ったハンバーグはとにかくジューシー!表面こんがり、中はミディアムレアで、噛むほどに旨みがあふれ出してきます。「ウマい肉食べてるなぁ」という幸福感で胸がいっぱい。

フライングガーデンの「爆弾ハンバーグ」

創業からの秘伝の味だという和風ソースは、玉ねぎや大根がたっぷり使用された醤油ベース。肉がもつほのかな甘みに、玉ねぎのさわやかな香りがマッチ。旨みを引き立てながら後味をすっきりさせてくれます。

フライングガーデンの「爆弾ハンバーグ」

付け合わせはホックホクのじゃがいもとブロッコリー、コーン。和風ソースを絡めながら食べるとめちゃくちゃおいしいです。熱々の鉄板にのっているので、最後のひと口まで冷めずに食べられるのもうれしい。

フライングガーデンの「爆弾ハンバーグ」

もうひとつ感動したのが「ガーリックライス」。セットメニューのライスを+80円で変更可能、単品(330円)でも注文できます。

ガーリックがふわりと香るごはんの上でとろけるバター。この組み合わせがおいしくないわけない。肉と交互に食べるとこのうえない幸せに浸れます。

フライングガーデンの「ガーリックライス」

全国区じゃないのがもったいないフライングガーデンの「爆弾ハンバーグ」。お店がある地域に行く際は、ぜひ味わってみて!