池袋「炭火煎珈琲 皇琲亭」

池袋駅から徒歩3分ほどの場所にある「炭火煎珈琲 皇琲亭」。こだわりの一杯を提供する老舗喫茶で、1杯あたりに25gのコーヒー豆を使用。コーヒーの粉に注ぐお湯を途切れさせずに注ぎ続け、コーヒー本来の味、旨み、香りを引き出す抽出方法「粗挽一湯淹て」で仕上げています。

池袋「炭火煎珈琲 皇琲亭」
炭火煎珈琲 皇琲亭

■雑味のないクリアな味わい
陽射しの強い日だったため、筆者は「アイスコーヒー(税込780円)」と、「アンブル・ドゥ・レーヌ(税込780円)」を注文しました。

池袋「炭火煎珈琲 皇琲亭」

アイスコーヒーは、キリッとした苦みと心地よい味わいが楽しめる一杯。後味に雑味がなく、とってもクリア!ふわりと広がる香ばしさがたまりません。これは無限に飲めちゃいそうな美味しさ……。

池袋「炭火煎珈琲 皇琲亭」のアイスコーヒー

池袋「炭火煎珈琲 皇琲亭」のアイスコーヒー
クリアな後味

カクテルのような見た目のアンブル・ドゥ・レーヌは、“琥珀の女王”と呼ばれる一杯。厳選されたコーヒー豆を高度な技術で抽出しドリップエキスに。その上には生クリームがフロートされています。かき混ぜずに口の中で溶けあう味わいを楽しむのがおすすめとのこと。

池袋「炭火煎珈琲 皇琲亭」のアンブル・ドゥ・レーヌ

そぅっと口に含むと、濃厚なコーヒーの風味とミルクのコクが混ざり合った芳醇な味わいがじんわりと広がります。まろやかな甘みと高級感溢れるほろ苦い風味がぎゅっと詰まった仕上がりで、少量でもなかなかの飲み応え。口の中で混ざり合う様々な風味を楽しみながら、ゆっくりいただきたい一杯です。

池袋「炭火煎珈琲 皇琲亭」のアンブル・ドゥ・レーヌ

■スイーツも絶品
コーヒーはもちろん、見逃せないのがスイーツメニューの「チーズケーキ(税込540円)」。筆者の家族いわく「これまで食べてきたチーズケーキの中でもトップ3に食い込む美味しさ。定期的に食べたくなる味」とのこと。

池袋「炭火煎珈琲 皇琲亭」のチーズケーキ

一口食べて驚いたのがその濃厚さ!しっとり、ねっとりとした食感で、チーズのコクと旨み、爽やかな酸味がぎゅぎゅっと詰まっています。

池袋「炭火煎珈琲 皇琲亭」のチーズケーキ
とにかく濃厚でびっくり!

こっくり濃いのに後味にクドさはなく、チーズケーキというよりほのかに甘いチーズをそのまま食べているような気持ちに。ほろ苦いコーヒーとの相性もばつぐんです。これは確かに定期的に食べたくなる味!

チョコレート好きには、クーベルチュールチョコレートが使用された「ガトーショコラ(税込540円)」がおすすめ。しっとり濃厚で、チョコレートの芳醇な香りがしっかり楽しめるケーキです。生地のもっちり感にハマります。

池袋「炭火煎珈琲 皇琲亭」のガトーショコラ

池袋「炭火煎珈琲 皇琲亭」のガトーショコラ
生地がもちっとしていて美味!

また、季節ごとに期間限定スイーツも。筆者が訪れた際に提供されていたのは「日向夏のレアチーズケーキ(税込540円)」。

池袋「炭火煎珈琲 皇琲亭」の日向夏のレアチーズケーキ

ムースのようにふるりとした生地と、スフレのようにふんわり柔らかな生地、異なるふたつの食感が一度に楽しめます。柑橘の華やかな香りとほのかな苦みが、チーズのコクと絶妙にマッチ。蒸し暑い時期にぴったりの一皿です。

池袋「炭火煎珈琲 皇琲亭」の日向夏のレアチーズケーキ
柑橘系の爽やかな風味

池袋で一休みする際はぜひ立ち寄ってみて欲しい「炭火煎珈琲 皇琲亭」。休日は混雑することが多くやや騒がしいので、平日が狙い目かもしれません。美味しい一杯とスイーツに癒されてみては?

■炭火煎珈琲 皇琲亭
住所:東京都豊島区東池袋1-7-2
炭火煎珈琲 皇琲亭
住所:東京都豊島区東池袋1-7-2