松屋の「うな丼」並盛
松屋初のうな丼

松屋に「うな丼」が初めて登場しました。価格は並サイズで830円(税込、以下同じ)。甘くやわらかな蒲焼きに白いご飯が合うスタンダードなおいしさで、小鉢のお新香とともに楽しめます。

松屋の「うな丼」並盛
お新香とサンショウ、みそ汁つき

すでに複数の牛丼チェーンが取り扱うウナギメニューですが、松屋では今回が初めての販売です。東京・高円寺にあるウナギの有名店「小満津(こまつ)」が監修しており、数量限定とのこと。

松屋の「うな丼」並盛
食べごたえは十分

蒲焼きのボリュームは、丼いっぱいに盛ったご飯に比べやや小さめに見えますが、甘じょっぱいタレの味や、ふわふわした食感のおかげでおかずとして十分な食べごたえがあります。

松屋の「うな丼」並盛
袋入りのサンショウ

松屋の「うな丼」並盛
2袋開けてみたところ

また袋入りのサンショウの粉がたくさんついているので、好みでふりかけてすっきりした香りと辛さを満喫するのもよし。試しに2袋開けましたが、ピリピリと舌のしびれるような薬味が感じられるものの、ウナギの濃厚な風味が負けるというほどではなく、引き立て役としてぴったりです。

松屋の「うな丼」並盛
ふっくら甘い蒲焼きにピリっとした薬味がのっておいしい

サンショウを利かせたふっくらした蒲焼きと、シャキシャキしたお新香と交互に口に運ぶことで、味も歯ざわりも変わって楽しめます。なお、蒲焼きは2枚に増やすこともでき、その場合の価格は並サイズで1,390円となっています。