やよい軒「夏越ごはんと蒸し鶏サラダの定食」
雑穀ごはんにカラフルかき揚げをのせて

やよい軒の「夏越ごはんと蒸し鶏サラダの定食」を食べてきた。フワフワサクサクのかき揚げ、しっとりしたダイコンとショウガのおろしを雑穀ごはんにのせ、冷たい天つゆをかけて味わう。揚げものなのにさっぱりした食べ心地で、夏バテしそうな時期に適した一品だ。

価格は890円(税込)。雑穀ごはん(十六穀米)は大盛も選べるが今回は普通のままにする。券売機を操作して食券を購入し、お店の人に見せてから席で待っていると、定食が盆にのって登場する。皿数が多くて見ためにも華やかだ。

やよい軒「夏越ごはんと蒸し鶏サラダの定食」
皿数が多くて華やか

雑穀ごはんとかき揚げは別々に盛ってあるので、自分で夏越ごはんを完成させる。まずは雑穀ごはんに熱々のかき揚げをのせ、その上にダイコンとショウガのおろしを飾る。添えてあるレモンは好みでしぼってもよい。最後にひんやりした天つゆを回しかければ完成。意外と手間どらない。

やよい軒「夏越ごはんと蒸し鶏サラダの定食」
十六穀ごはん

やよい軒「夏越ごはんと蒸し鶏サラダの定食」
かき揚げとダイコン、ショウガのおろしをのせ

やよい軒「夏越ごはんと蒸し鶏サラダの定食」
冷たい天つゆをかける

かき揚げは、ほおばってすぐはフワフワの食感。だが歯をたてると口の中でサクサクと小気味よい音をさせ、衣ごしにも色鮮やかだったオクラ、ニンジン、タマネギ、トウモロコシそれぞれの異なる固さと風味を楽しめる。特に個性がはっきりしているのはトウモロコシ。プチプチとした歯ざわりと甘味がこころよい。

やよい軒「夏越ごはんと蒸し鶏サラダの定食」
ダイコンとショウガのおろしはたっぷりつけるとおいしい

つけあわせのサラダは、ムネ肉を使った蒸し鶏がたっぷりのっていて、ほぼ肉料理のおもむき。とはいえ下にはキャベツ、レタス、キュウリ、ムラサキタマネギ、ミズナと色とりどりの生野菜がしいてある。

やよい軒「夏越ごはんと蒸し鶏サラダの定食」
蒸し鶏サラダ。ボリュームあり

オレンジ色のドレッシングはすりおろしたニンジン入り。量が多いが、塩味は強くなく、さっぱりした酸味がある。

やよい軒「夏越ごはんと蒸し鶏サラダの定食」
ドレッシングはすりおろしたニンジン入り

やよい軒「夏越ごはんと蒸し鶏サラダの定食」
塩気は薄く、さわやかな酸味がある

ドレッシングの味つけが絶妙なおかげで、蒸し鶏サラダはごはんのおかずではなく、そのままサラダのみでおいしく食べすすめられる。夏越ごはんとはそれぞれ別々に味わって問題なし。

やよい軒「夏越ごはんと蒸し鶏サラダの定食」
ごはんと一緒でなくてもそのまま楽しめる

なんだか食欲が落ちたなという日にも、野菜、肉、雑穀がまとめてとれ、かつあまりお腹に重たくないメニューだ。