松のや「冷やしロースかつ茶漬け定食」
熱々カツと冷たい昆布茶でお茶漬けを作る

松のやの季節メニュー「冷やしロースかつ茶漬け定食」を食べてきた。脂がのってこってりしたロースカツを、さっぱり食べられるようアレンジした料理。

価格は630円(税込)。揚げたてのロースカツに添えられた白菜のおしんこ、刻みノリ、たっぷりの冷たい昆布茶、白いご飯、さらに薬味として練りウメ、ワサビ、いりゴマがついてくる。

松のや「冷やしロースかつ茶漬け定食」
普通のロースカツ定食のようだが、ここからお茶漬けを完成させる

お茶漬けは自分で完成させる仕様だ。丼に持ったお米の上にカツを並べ、さらにおしんこをトッピングとして配してから、周囲に刻みネギをかざる。そこへ昆布茶をそそげばできあがり。

松のや「冷やしロースかつ茶漬け定食」
ロースカツ。大きい

松のや「冷やしロースかつ茶漬け定食」
冷たい昆布茶。たっぷり入っている

松のや「冷やしロースかつ茶漬け定食」
ご飯にかつをのせ

松のや「冷やしロースかつ茶漬け定食」
トッピングと昆布茶を追加

最初のひとくちは、かなり不思議な味。カツはまだ舌がやけどしそうに熱いのに、昆布茶はひんやりとやさしい冷たさ。おしんこはシャキシャキして、ザクザクの衣や、ジューシーな豚肉と相性がよい。

松のや「冷やしロースかつ茶漬け定食」
完成!ちょっと盛りすぎたかも

松のやのロースカツは脂がたっぷりのっているが、それをできるかぎりさっぱりさせようと工夫した献立。なお薬味の練りウメやワサビはそれぞれ量があるので、いちどに全部使わず、少しずつ箸でとって酸味や辛味を利かせるとよい。

松のや「冷やしロースかつ茶漬け定食」
熱々のカツとひんやり昆布茶が同時に味わえて不思議な食べごたえ

ただし薬味とおしんこは一緒に口に入れると、ちょっと味がかちあうので、とんかつとおしんこ、とんかかつと薬味、という組み合わせの方がすっきり味わえる。

食欲が減退しがちな時期向けとのことだが、するすると胃に収まる割にボリュームは相当あるので、しっかりお腹を減らしてから楽しみたい。