一風堂「博多太つけ麺」
博多太つけ麺

一風堂の季節メニュー「博多太つけ麺」を食べてきた。期間限定の料理はたいてい個性を強く出したものが多いが、博多太つけ麺はとてもふつう。定番メニューと同等、いやそれ以上にバランスがとれている。

価格は並盛890円(税別)で、毎年夏だけ登場している。魚介の風味を利かせたつけダレと、タピオカ粉を使ったというもっちり太麺がうりで、チャーシュー2枚と揚げ玉、刻みネギ、ゆで卵が載っている。

麺はなるほど、定番のとんこつラーメンより太い。だが、うどんほどではなく、ほどほどのところ。ゆでたてを冷たくして出してくれる。タピオカ粉が入っているというが、食感もごく穏当につけ麺に合うコシと歯ごたえ。

一風堂「博多太つけ麺」
ちょうどよい麺の太さ、タレの濃さ、バランスのとれた味、正直コメントに困る

タレは背脂が入っていてこってりしており、かつ魚介のうまみが濃く、太麺によくからむ。何か隠し味があるのかと思ったが、味わってみるとクセはなく、つけ麺を食べたことがあればなるほど、いかにもオーソドックスだなと納得する。

一風堂「博多太つけ麺」
揚げ玉いっぱい

トッピングの揚げ玉はパリパリしてアクセントとして楽しいが、つけ麺全体の個性になるほどではない。2枚入っているチャーシューはぶあつく、豚のうまみがしっかりしているが、特別な香辛料を使っているとか、すごく甘いとか辛いとかいったひねりはない。ゆで卵は半熟でとろりとして上手にできており、それ以上でもそれ以下でもない。

一風堂「博多太つけ麺」
チャーシューはぶあつくておいしい

一風堂「博多太つけ麺」
ゆで卵も半熟で絶妙。そしてふつう

麺を食べ終わってから、お店の人にお願いすると、残ったタレをさらに味わえるよう「割スープ」も用意してもらえる。これまた何のひっかかりもない飲みやすさ。

最後まで何か変わったところがあるかなと身構えていたのだが、まったくなかった。ふつうにおいしい。