すき家「辛口トマレタ牛丼」食べた!
ザクザク生のレタスがどっさり

すき家の「辛口トマレタ牛丼」を食べてきた。牛丼に刻んだ生のレタスをザクザクのせ、トマトソースをかけチーズを振った一皿。タコライスを連想させる。

価格は並盛500円(税込)。追加のトッピングに半熟卵がおすすめとあったが、今回はそのままで注文する。

すき家「辛口トマレタ牛丼」
タコライス感

あまり待たずに到着したのは緑と赤が鮮やかな丼。メニューの説明によると、ソースはケイジャンスパイスやカイエンペッパー、オレガノなどを配合。すき家みずから「タコスのようにスパイシー」としているので、タコライスっぽさを感じたのは間違いではなさそう。

すき家「辛口トマレタ牛丼」
ジャンクなしあがり。そんなに辛くない。

スプーンですくって食べてみると、トマトとチーズの強い味が、レタスと牛肉をまとめてジャンクなしあがりになっている。生野菜たっぷりな割にサラダっぽさはなく、がっつり系という印象。どんどんかきこみたくなる。なおメニュー名には辛口とあるが、キムチなどのトッピングに比べれば、さほど辛くない。味のアクセントにすこしピリっとチリを利かせた、という程度。

並盛でも、ご飯は十分にボリュームがあるので、お腹の空き具合がほどほどであっさり済ませたいといった目的であれば、ミニサイズ(440円)を選ぶのがよさそう。