吉野家「ライザップ牛サラダ」
牛丼のお米のかわりにサラダ、と言うメニュー

吉野家で販売中の「ライザップ牛サラダ」を試してみた。お米なしでも1食分のボリュームがあってちゃんとお腹にたまる一杯だった。

プライベートジムであるライザップ監修のコラボレーションメニューとのこと。価格は540円(税込)。牛丼などに比べると注文してから少し待つことになる。大きな丼に、千切りにした葉物を入れ、その上に牛丼の具である肉とタマネギ、鶏肉、ミックスビーンズ、ブロッコリーを載せてあり、半熟卵もトッピングとしてついている。

吉野家「ライザップ牛サラダ」
別添のドレッシング

カロリ―は430kcal。高たんぱくで低糖質がうりだ。一食300g超あるとのことで、見た目のボリュームは牛丼より多そうに思える。

吉野家「ライザップ牛サラダ」
かけまわして、半熟卵を割る

別添のドレッシングをかけて箸をつけてみると、まずブロッコリーは鮮やかな緑を残しつつやわらかく火が通っている。ビーンズは固めの食感で、千切りの葉物はふわふわ。野菜はドレッシングをかけてもさほど味が強くない。

吉野家「ライザップ牛サラダ」
ブロッコリー。緑を残しつつやわらかい歯ざわり

吉野家「ライザップ牛サラダ」
ミックスビーンズは固めの食感

吉野家「ライザップ牛サラダ」
お米がわりの葉物の千切はふわふわ

一方、牛丼の具には濃い甘味と塩気がある。ちょうど牛丼でご飯と肉を一緒に食べるように、このサラダでは野菜と肉を一緒に口に入れるとバランスがよく楽しめる。とろりとした卵の味と牛とは異なる鶏肉の風味にもぐんぐん箸が進み、牛丼と同じ勢いでかきこめる。

吉野家「ライザップ牛サラダ」
牛肉の味の濃さが際立つ

吉野家「ライザップ牛サラダ」
鶏肉と半熟卵もおいしい

丼が空になる頃には空腹がすっかり収まるので、牛丼が食べたいけどお米が重い、という時によさそう。