モリバ「国産ジューシー白桃タルト」
モリバでお茶を

モリバコーヒーの「国産ジューシー白桃タルト」を食べてきました。モモとカスタードの組み合わせは安定のおいしさです。

モリバコーヒー「国産ジューシー白桃タルト」
カスタードと白桃、生地の3層

4月下旬から登場したメニューで価格は410円(税込)。カウンターの陳列棚に並んでいるときは地味なお菓子という印象ですが、注文するとお店の人が真赤なフルーツクランチをかけてくれてはっとするほど色鮮やかになります。

モリバ「国産ジューシー白桃タルト」
赤いフルーツクランチがきれい

お味はというと、コンポート風になった白桃のプリプリした歯ざわりと、固めのカスタードのしっとりした舌ざわりは互いに引き立て役になっています。

モリバ「国産ジューシー白桃タルト」
カスタードとの対比で白桃のほのかな酸味を感じるのが楽しい

またカスタードのやさしい甘さのせいで普段は意識しない白桃のほのかな酸味を少し意識するのも楽しい。クランチフルーツは見ためにきれいなばかりでなく、歯ごたえもよくアクセントになります。

ひんやり冷たいスイーツで、苦めのホットコーヒーとの相性がよさそう、と言いたいところですが、暑い季節にはアイスカフェオレなどと合わせてもよいかもしれません。