松屋「ごろごろ煮込みチキンカレー」
チキンたっぷり!

松屋の「ごろごろ煮込みチキンカレー」が復活していたので食べてきた。本当に鶏モモがたくさん入っていて、食べても食べてもまだあるので幸せになれる。

メニューの説明によると、数種類のスパイスを配合したすっきりとした松屋オリジナルカレーに、鉄板で焼き上げた鶏モモを加えた食べごたえのある一品とのこと。販売価格は(並)が590円(税込、以下同じ)、(大盛)が690円。ミソ汁つきだ。今回は並にする。

松屋「ごろごろ煮込みチキンカレー」
松屋なのでミソ汁つき!

ご飯とカレーは別皿に分かれていて、みるからにチキンがどっさり。カレーをご飯にかけてゆくと、すぐにふちからあふれ、こぼれそうになる。

松屋「ごろごろ煮込みチキンカレー」
鉄板焼きのチキンがおしみなく入れてある

米と一緒にカレーを口に運ぶと、スパイスの強い香りがする。これだけならいつものおいしさだが、今回の主役は鶏モモ。

スプーンで肉をすくってみると、ひときれひときれが大きく、ほおばるだけで満足度が高いうえ、数も多く、ひとつまたひとつと味わってもそうそう減らないのがうれしい。

松屋「ごろごろ煮込みチキンカレー」
大きい

たっぷり添えてあるタマネギもよく火が通って甘味があり、カレーやチキンとの相性はよい。最後にあたたかいミソ汁を飲んで、辛さにしびれた舌をなだめる。昼ごはんにも夜ごはんにも十分なセットだ。