ネオ喫茶KING「平飼い卵の濃厚プリン」と「KING アメリケーヌカレー」

食のセレクトショップカフェ「ネオ喫茶KING」。有楽町の阪急メンズ東京 地下1階にあります。

フードカルチャーを牽引するシェフたちが監修した“東京の美味しい”が味わえるお店。カレーやサンドイッチ、オムライス、コーヒーなどの“定番喫茶店メニュー”にアレンジを加えたメニューが提供されています。

ネオ喫茶KINGの外観
中は広々

◆KING アメリケーヌカレー

2019年版ミシュラン1つ星フレンチレストラン「Sincere」の石井真介氏が手掛けたカレー。丁寧に抽出したえびの出汁と鶏の出汁が使用されています。フリットしたオニオンとズッキーニを添えて。価格は1,300円(税込、以下同じ)。

ネオ喫茶KING「KING アメリケーヌカレー」
人気店の味を手軽に

サラッとしたルーから広がる濃厚な旨み。深いコクの後におだやかな辛みが続きます。ほどよく食感の残った玉ねぎとズッキーニの甘みはスパイシーな香りの引き立て役。さらに具材のえびが、一層深みのある味わいに導きます。

ネオ喫茶KING「KING アメリケーヌカレー」
えびがプリプリ

◆平飼い卵の濃厚プリン

原宿のベーカリー「The Little BAKERY Tokyo」の車田篤氏が手掛けた一品。平飼いでストレスなく育った鶏から生まれた卵が使用されています。価格は550円。

ネオ喫茶KING「平飼い卵の濃厚プリン」
美しいフォルム

つややかなプリンは、舌に吸い付くようなしっとりとした口あたり。かためながらも歯をたてると驚く程なめらかにとろけていきます。卵のもつコクが活かされたまろやかな味わいに、クリームがミルキーな甘みをプラス。

ネオ喫茶KING「平飼い卵の濃厚プリン」
しっとりなめらか

底にたっぷりあるカラメルソースを上からとろりとかけると贅沢。ほのかな苦みがプリンに寄り添います。全体的に甘すぎなくて食後のデザートにも最適。

ネオ喫茶KING「平飼い卵の濃厚プリン」
幸せしかない

◆自家製KINGクリームソーダ

本物のメロンを使用した自家製シロップで作ったソーダ。アイスクリームダイナー「BIG BABY ICE CREAM」がこのために開発したラム&チェリーのアイスがトッピングされています。価格は850円。

ネオ喫茶KING「自家製KINGクリームソーダ」
真っ赤なチェリーも

ストローから飛び出してくるのはシャクシャクとしたメロン。そのみずみずしい甘みとともに炭酸がシュワっと弾けます。想像以上に果肉がたっぷり入っているのがうれしい。

時間が経つと徐々にアイスが溶け込んできます。甘酸っぱいチェリーにラムの香りがふわり。さわやかなソーダにコクが加わって、まるでパフェみたいな贅沢感!

ネオ喫茶KING「自家製KINGクリームソーダ」
このアイス箱買いしたい

お店にはそのほか、「BUY ME サンドイッチ」や「極太パスタのナポリタン」、「バターミルクパンケーキ」など魅力的なメニューが多数ラインナップ。コーヒーなどドリンクメニューも豊富です。しっかり食べたい時から、買い物の途中にちょっと休憩したい時まで様々なシーンで使えそうです。