なか卯「厚切り豚ロース重」
やわらか豚ロースとシャキシャキ長ネギ。肉の下にはタマネギも

なか卯の季節メニュー「厚切り豚ロース重」の販売が始まったので食べてきた。名前通りに厚めにカットした肉が甘みのあるタレにからめてあり、たっぷりのった細切りの長ネギと相性がよい。

なか卯「厚切り豚ロース重」
ぶあつい肉がごろごろ

販売価格は並盛が690円(税込)。食券を渡して、あまり間を置かず運ばれてくる。「なか卯」とロゴの入ったお重をあけると、なるほどゴロゴロっと厚切りの豚ロースがご飯をおおうようにのせられており、そこに細切りの長ネギがたっぷり。

なか卯「厚切り豚ロース重」
細切りの長ネギもたっぷり

ひとはし、肉をつまんで食べると、脂が舌にふれるとじんわりうまみが伝わる。やわらかく、舌ざわりが心地よく、甘みのあるタレも味は強すぎずやさしいしあがり。下にしかれたタマネギの細切りもよく火が通っていて口の中でとけてしまいそう。

なか卯「厚切り豚ロース重」
心地よいアクセント

一方で上にのった長ネギはシャキシャキ感があり、よいアクセントになっていて、薬味として楽しめるよい香り。ただそれでも豚ロースとタレのしみたご飯の量が多いので、もう少しピリっとした味が欲しいという人は、テーブル備えつけの七味を振るとよい。

なか卯の丼や重はだいたいどれも七味が合うと思うが、甘口のメニューには特に引き立て役としてぴったりだ。長ネギの上にふりかけると色のコントラストもきれい。かなり多めにかけても、肉の味はしっかりしていて負けない。

なか卯「厚切り豚ロース重」
七味をいっぱいかけても、肉のうまみは負けない

お重は深く広いので、ボリュームは並盛でもお腹はかなりいっぱいになる。がっつり食べたいときに挑戦するのがおすすめ。