タマゴサンド専門店「oeuf TAMACO(ウフ タマコ)サンド」

タマゴサンドファンのみなさん、タマゴサンド専門店「oeuf TAMACO(ウフ タマコ)サンド」はもう行きましたか?

タマゴサンド専門店「oeuf TAMACO(ウフ タマコ)サンド」
ウフ タマコサンド(写真は横浜店)

ここでは、タマゴサンドに欠かせない“タマゴサラダ”と、肉や魚、野菜などさまざまな食材が組み合わされた創作系タマゴサンドに出会えるんです。

編集部のおすすめはこちら!※店舗や時期によってメニューは異なる場合があります

◆まずはやっぱりプレーン

創作系とはいえ、やはりまず食べてほしいのはプレーンタイプの「TAMACO(タマコ)サンド」(320円、税込、以下同じ)。自家製の玄米パンで、オリジナルのタマゴサラダをたっぷり挟んであります。パッと見はよくあるタマゴサンドですが、一風変わった味わいが楽しめます。

タマゴサンド専門店「oeuf TAMACO(ウフ タマコ)サンド」
スタンダードなタマゴサンド

ほお張ると、粗くつぶされたタマゴのぷりぷりとした白身と、ほっくりなめらかな黄身が口の中で踊ります。と、何やらパリポリした食感が。…これたくあんだ!

タマゴサンド専門店「oeuf TAMACO(ウフ タマコ)サンド」
断面。青マルのところにたくあんが

たくあんの歯ごたえとしょっぱ味が、まろやかなタマゴサラダにアクセントを添えていてとても美味。ポテトサラダにたくあん入ってるの大好きなんですが、タマゴサラダにも合うんですね~。かなりボリュームありますが、最後まで飽きません。

◆一番人気のアボカドサーモン

横浜店で一番人気とうたわれていたのが、「アボカドサーモン」(420円)。たくあん入りのタマゴサラダに、カットしたアボカドとサーモン、ジェノバペーストを合わせて玄米パンでサンドされています。

タマゴサンド専門店「oeuf TAMACO(ウフ タマコ)サンド」
アボカドサーモン

うんめー!とろけるアボカドとしっとりしたサーモンが相性良いのは言わずもがなですが、これとタマゴサラダも合う!さわやかな香りのバジルがつなぎ役になっています。塩気とうまみのあるサーモンを、まろやかなアボカドとタマゴがしっかり引き立てる一品。

タマゴサンド専門店「oeuf TAMACO(ウフ タマコ)サンド」
端から食べていくと、真ん中あたりでクライマックスを迎えます

◆お酒に合うサバとモッツァレラ

個人的に一押しなのが、朝食やランチとしてはもちろん、お酒と一緒に味わうのも乙な「サバとモッツァレラ」(450円)。たくあん入りのタマゴサラダに、甘辛く味付けされたサバのほぐし身と、スライスしたモッツァレラチーズが合わされています。

タマゴサンド専門店「oeuf TAMACO(ウフ タマコ)サンド」
サバとモッツァレラ

ふっくらとしたサバと、もっちりしたモッツァレラチーズ、ふわふわプリプリのタマゴサラダのバランスが絶妙!サバの味がサバ味噌みたいに濃いぶん、淡泊なチーズとタマゴのまろみがいい塩梅になじんでいます。和風のようであり洋風のようでもある不思議なおいしさがくせになる。

タマゴサンド専門店「oeuf TAMACO(ウフ タマコ)サンド」
そしてやはりたくあんが素晴らしい

このほかにも、「アサリと粒マスタード」(380円)や「新がり生姜」(360円)、「チキンカレー」(410円)といった変わり種がいっぱい(記事執筆時点、横浜店)。約50種類のメニューが毎日ローテーションされています。

いろんな種類を買い集めて差し入れにしたり、お花見やピクニックなどアウトドアランチに持って行ったりするのもおすすめですよ!