ダイソー「イージーシーラー」

一度開けてしまうと、保存が難しいポテトチップスやビスケットなどのお菓子。湿気が気になるし、勿体ないからついつい一袋食べきっちゃう…なんてことありますよね。

そんな時、役立ってくれそうなアイテムを100円均一ショップ「ダイソー」で発見!どれだけ使えるか実際に試してみました。

ダイソー「イージーシーラー」
イージーシーラー

「イージーシーラ―」は、熱の力で袋を溶着するアイテム。使うには、単3形アルカリ乾電池2本が必要です(電池別売り)。カバーを取り外し、乾電池をセットしたら準備OK。

ダイソー「イージーシーラー」

ダイソー「イージーシーラー」
電池を入れます

試しに、ポテトチップスの袋でチャレンジ。緑色の安全カバーを手前に倒し、イージーシーラーで袋を挟みます。袋の端を持ったら、シーラーで3秒間挟みます。

ダイソー「イージーシーラー」
ポテチの袋でチャレンジ

軽く挟んだまま、ゆっくり、す~っと袋をスライドすると…、丁度なぞった部分が熱でくっつきました!両サイドを引っ張っても外れません。

ダイソー「イージーシーラー」
するする~

ダイソー「イージーシーラー」
くっついた!

ただ、力加減や挟む時間によっては袋が溶けて切れ込みが入ってしまうことも。また、厚みのある部分はうまくくっつかないこともあります。溶着できる素材はアルミ蒸着袋、ポリプロピレン、ポリエチレン、塩化ビニールで、厚み0.1mmまでとのこと。

ダイソー「イージーシーラー」
これは失敗

コツを掴むまではちょっと難しいかもしれませんが、一度力加減を覚えてしまえばするする溶着できます。よって、家庭で使う分には◎。ひとつキッチンに置いておくと便利かもしれません。

ダイソー「イージーシーラー」
ピタッとくっつくと気持ちいい

熱の力でピタッと溶着できる、ダイソー「イージーシーラー」。調味料や食材の湿気防止にも便利ですが、「完全に」密封できるわけではないので、消費はお早めに。

ダイソー「イージーシーラー」
使わないときは安全カバーをつけておいて