マクドナルドの「アップルカスタードパイ」
熱々カスタード×とろとろリンゴ

マクドナルドの期間限定メニュー「ホットアップルカスタードパイ」を試してみました。熱々のカスタードクリームが、とろっとしたリンゴのフィリングと相性がよいスイーツです。

マクドナルドの期間限定メニュー「アップルカスタードパイ」
パッケージはこれ

価格は130円(税込)。マクドナルドの定番メニュー「ホットアップルパイ」にカスタードクリームを足したもの、と言えばそれまでですが、食べてみると、なるほどぴったり合うな、と納得できます。

マクドナルドの期間限定メニュー「アップルカスタードパイ」
いつものパイのようだけど

ホットアップルパイのザクザクパリパリのパイ生地を割ると、中からのぞく飴(あめ)色のアップルフィリングと、カナリア色のカスタードクリームがきれいなコントラストになっています。どちらもとろみがついていて、あふれだすようなことはありませんでした。

マクドナルドの期間限定メニュー「アップルカスタードパイ」
中身がちがう

かじってみると、パイ生地の食感はいつものホットアップルパイで、フィリングに利いたシナモンもかぐわしく、リンゴは果肉がころころと舌ざわり、歯ざわりよく安定のおいしさ。

そこに加わったカスタードは、ふんわりした甘さとなめらかな口あたりでクリームとしての存在を主張してくるものの、リンゴの風味をちゃんと引き立てます。プレーンなホットアップルパイのファンをがっかりさせないできばえ。

マクドナルドの期間限定メニュー「アップルカスタードパイ」
クレームブリュレっぽい、は言い過ぎ?

サクサクの食感のあとからリンゴとカスタードの香が同時に口の中に広がるところは、「クレームブリュレ」も少し連想します。とはいえ、あくまで気取ったところのない、マックのスイーツらしいジャンクなおいしさでした。