木村屋總本店「桜の花」
木村屋總本店の「桜の花」は華やか

いつでもおいしい木村屋總本店のあんぱん。今回はサクラ、イチゴなど春のフレーバーを食べ比べてみました。花をかたどった見た目も華やかな新商品など、これからのお花見によさそうな3種類をピックアップ。

木村屋總本店のあんぱん・菓子パン
春らしいフレーバー色々

「桜の花」「酒種あんぱん 桜」「酒種あんぱん あまおう苺」で、それぞれ個性があります。

木村屋總本店のあんぱん・菓子パン
食べ比べてみましょう

・桜の花

木村屋總本店の「桜の花」
まるまるとした桜の花

桜の花は2月に登場した新商品。価格は241円(税別、以下同じ)。お店の人によると期間限定ですが、いつごろまで店頭に並ぶかはまだ分からないとのこと。ひとあし先に花見を迎えるような華やかな見た目が特徴。厳密にはあんぱんとは別種の菓子パンとのことですが、中にはサクラ風味の餡(あん)がつまっているので食べ比べの対象にしてみました。

放射状に広がる5枚の花びらを模したパンは、生地が2層構造になっていて、上側はつやつやと弾力があり、下側はしっとりとやわらかめ。食感の違いが面白い。真ん中の金色の飾りもまわりとは違う風味があり、カスタードを連想します。

木村屋總本店の「桜の花」
あんはゼリー風というか「道明寺」風の食感

あんはサクラフレーバーがふわっと甘くにおって、舌ざわりはちょっとゼリー風というか和菓子の「道明寺」風なところも。サイズが大きいのでナイフでカットするか、手で割いてしまって家族や友達とシェアするのがよいかも。1人でまるごと1個ならお昼ごはんでしょうか。

木村屋總本店の「桜の花」
ボリュームは多めです