昭和産業「もちぷっち」

昭和産業から発売された「もちぷっち」という商品が面白いのでご紹介。これ、水だけで作れるお手軽デザートミックス粉なんです!

昭和産業「もちぷっち」
もちぷっち

白い粉なんですが、その正体は砂糖とぶどう糖、粉末水あめ、加工でんぷん(小麦由来)が混ぜ合わされたもの。水と混ぜるとぷるぷるモチモチになり、ゼリーのようなわらび餅のような不思議なおやつに早変わり。フルーツなどを包んでもおいしいですよ!

昭和産業「もちぷっち」
中身は白い粉

●作り方

150mlの水を耐熱ボウルに入れ、500Wの電子レンジで2分加熱(600Wの場合は1分半)。温めた水にもちぷっちの粉を入れ、だまがなくなるまでスプーンでよく混ぜます。

昭和産業「もちぷっち」
しっかり混ぜて溶かします
※電子レンジ対応のボウルを使ってください

再びレンジで2分(600Wなら1分半)加熱し、いったんボウルを取り出して上下が均一になるように10回ほどかき混ぜたら、さらにレンジで2分(600Wなら1分半)加熱。

昭和産業「もちぷっち」
全部で3回チン
※電子レンジ対応のボウルを使ってください

加熱が終わったら取り出し、ティースプーンを2本使ってお団子を作るように丸めながら氷水に落とします。フルーツもちを作るなら、生地をラップの上にのせ、いちごなどを包んでラップごと氷水へ。

昭和産業「もちぷっち」
スプーンですくって氷水へポトン

昭和産業「もちぷっち」
フルーツもちを作るなら、ラップの上にのせて

昭和産業「もちぷっち」
くるっと包んだら

昭和産業「もちぷっち」
ラップごと氷水へ

10分ほど冷やし、水気を切って器に盛りつければ完成です!

昭和産業「もちぷっち」
ぷるるーん

レンジから取り出した生地がまだゆるゆるだったら、様子を見ながら追加加熱するとぷるっと固まってきます。また、氷水に入れて冷却時間を長くとると、よりもっちりした食感に。

●食べてみた!

とろ~りもっちりとした食感で、みずみずしく、ほんのり甘い。プルプルのわらび餅のような味わいです。おいしい~!

昭和産業「もちぷっち」
あんこを添えて

昭和産業「もちぷっち」
ぷるぷるモチモチ!

あんこやきな粉との相性のよさは言わずもがな。フルーツ入りは、ジューシーないちごやチェリーの甘ずっぱさをまわりのプルプル生地がやさしく包み込んで、オシャレなゼリーみたい!

昭和産業「もちぷっち」

ほかにも、水とジュースでカラフルなもちぷっちを作ったり、水の代わりにコーヒーで作ったもちぷっちをミルクティーに入れてタピオカミルクティー風にしたり、いろんなアレンジが楽しめますよ。今回編集部は関東のスーパーで192円(税込)で購入しました。