くら寿司のハンバーガー「KURA BURGER」
くら寿司のハンバーガーはまさかのワサビ&ガリ推し

くら寿司のハンバーガー「KURA BURGER」を食べてきた。ミートとフィッシュの2種類。なぜかガリやワサビをはさんで一緒にかじるとおいしい、という面白いメニューだった。

・ポップアップショップへ

くら寿司のハンバーガー「KURA BURGER」
英語?だ

3月1日から、くら寿司の各店舗で注文できるメニューだが東京・渋谷のポップアップショップで先行販売していたので足を運んだ。価格はミート、フィッシュとも1個270円(税込、以下同じ)、ついでに「シャリコーラ」(180円)も頼む。合計720円。

くら寿司のハンバーガー「KURA BURGER」
くら寿司ってこういうお店だっけ

店内はすしチェーンのようなハンバーガーショップのような、うまく形容しがたいが、おしゃれなインテリア。ただし紙包みに入ったハンバーガーとトレイをもらうとファストフード感が増す。

くら寿司のハンバーガー「KURA BURGER」
KURA BURGER

くら寿司のハンバーガー「KURA BURGER」
ミートとフィッシュ。シンプル。

・ミートバーガーはワサビで!

くら寿司のハンバーガー「KURA BURGER」
こちらがミートバーガー

まずはミートから。独自ブレンドで仕上げたパティに、ケチャップベースの味付け。さらにマヨネーズを添え、タマネギの天ぷら、サンチュをバンズではさんでいる。

くら寿司のハンバーガー「KURA BURGER」
まことに?

さてこのハンバーガー。お店の人から「よろしければワサビをのせて食べてみてください」と案内があった。奇をてらっているなと思ったものの、せっかくなのでやってみる。上のバンズを外してワサビを置き、またバンズをかぶせて、ほおばると、うまい。ローストビーフに山ワサビをつけるのに少し似ているだろうか。

くら寿司のハンバーガー「KURA BURGER」
ほんとにやるけど

くら寿司のハンバーガー「KURA BURGER」
のせた

揚げものとミンチのジャンクなおいしさに、さわやかな辛さがよい引き立て役になっている。ワサビそのものが苦手でなければ、けっこうたっぷり、バンズの裏に広くつけてしまっても構わないかもしれない。

ちなみにパティは、ほかのハンバーガーチェーンで出るものと風味が異なり、「メンチカツの中身」みたいな、なつかしいおいしさ。タマネギはシャリシャリして歯ざわりが楽しい。バンズは米粉と黒酢を配合しているそうで、やや固めに感じたが、むしろそれが合う。