ヤマザキ「ミニスナックゴールド」リニューアル

山崎製パンのロングセラー菓子パン「ミニスナックゴールド」が1月1日にリニューアル。さらに、誕生50周年を記念した特別パッケージで販売されます。

1968年に登場したミニスナックゴールドは、ぐるぐるのうずまき状に巻き上げられたデニッシュ生地に、アイシングを線状にかけて仕上げられた菓子パン。デニッシュ生地のさっくりとした軽い食感とアイシングの甘みが絶妙なバランス。この素朴なおいしさと賑やかな見た目、食べごたえのあるボリューム感が長年にわたり愛され続けています。

今回のリニューアルでは、パン生地に“ルヴァン種”を使うことで、香ばしい風味と歯切れのよさを向上。ルヴァンはフランス語で“発酵種”という意味で、乳酸菌と酵母の発酵作用により、小麦本来の風味やうまみを引き出す効果があるのだとか。

特別パッケージは、赤と白で新春らしい華やかなデザイン。1月下旬ごろまでの期間限定です。