セブンの冷凍惣菜
セブンの冷凍惣菜が優秀!

セブン-イレブンで販売されている、セブンプレミアムの冷凍惣菜がめちゃくちゃ優秀!電子レンジで温めるだけで一品完成するので、忙しい夜にも重宝します。

今回取り上げるのは「ベーコンほうれん草」(162円、税込、以下同じ)、「じゃがいもとベーコン」(162円)、「グリル野菜」(213円)の3品。それぞれ、数種類の食材をミックスさせた冷凍の調理キットです。1袋のボリュームは、いずれも副菜としてなら2人分くらいにはなる量。

セブンの冷凍惣菜
左からベーコンほうれん草、じゃがいもとベーコン、グリル野菜

◆ベーコンほうれん草

ベーコンほうれん草は、ほうれん草、コーン、玉ねぎ、ベーコンがミックスされたもの。フライパンで炒めたり、電子レンジで加熱したりしていただきます。

セブンの冷凍惣菜

セブンの冷凍惣菜

500Wのレンジで3分半ほど温めて、塩コショウを振って仕上げてみました。

セブンの冷凍惣菜
ほわぁ…とほうれん草のいい匂い

みずみずしいほうれん草に、ベーコンの脂のうまみが絡みます。トロリとやわらかい玉ねぎや、シャキッとした食感のコーンが甘いアクセント。レンジでチンするときに、バターをひとかけのせて温めるとバター炒め風になって良いかもしれない。

セブンの冷凍惣菜

このまま副菜になりますし、ラーメンやオムレツの具材としても利用できます。

◆じゃがいもとベーコン

じゃがいもとベーコンは、北海道産じゃがいもに玉ねぎ、ベーコンが合わされたもの。こちらもレンジで温めるか、フライパンで炒めて食べます。今回はレンジで温めてみました。

セブンの冷凍惣菜

セブンの冷凍惣菜

うん、ウマいっ!ホクホクねっとりしたじゃがいもの甘み、やわらかな玉ねぎの甘み、ベーコンの香ばしいうまみとかすかな塩気がバランスよく調和しています。そのままだと味がないので、レンジでチンしたあと軽く塩コショウするのがおすすめ。

セブンの冷凍惣菜

セブンの冷凍惣菜
じゃがいもがホクホク

フライパンで炒めてジャーマンポテト風に仕上げたり、凍ったままシチューやコンソメスープに入れて煮込んだりしても◎。

◆グリル野菜

グリル野菜は、イタリア産のズッキーニ、なす、赤ピーマン、黄ピーマンがミックスされたもの。電子レンジで解凍してから、そのまま食べたりほかの料理にアレンジしたりできます。

セブンの冷凍惣菜

セブンの冷凍惣菜

レンジで温め、軽く塩コショウしていただきます。

セブンの冷凍惣菜

しゃくっとした歯ごたえを残しつつ、口の中でしっとりやわらかくほどける野菜たち。グリルされた、こんがりと香ばしい風味も漂います。なすがシワシワで大丈夫かなと思ったんですが、食べてみたらちゃんとジューシーでした。

セブンの冷凍惣菜
みずみずしい野菜たち

ただ、これはこのまま食べるより、パスタやカレーに入れたり、肉や魚料理の付け合わせに添えたりするのがベターかも。

◆一番おいしかったのは…

今回食べた3つの中で、個人的に一番好きだったのはじゃがいもとベーコン。素材の味も生きていて、これをつまみにビールをぐいぐい飲みたくなりました!

セブンの冷凍惣菜
塩コショウすれば完璧

レンジだとちょっとしんなりしてしまうので、解凍したあとにトースターでサクッと熱を入れると水分が飛んでいいかもしれない。

アイデア次第でアレンジ自在なセブンの冷凍惣菜。野菜を洗ったりカットしたりする手間も省けるので、自炊したいのに時間がない!という人はぜひ活用してみては?