ベローチェの「はちみつレモン」
ノドがいがいがするときに

カフェ・ベローチェでホットドリンク「はちみつレモン」が登場しています。ノドが荒れやすい時期にはうれしい一杯。

外から疲れて帰ってきたらノドがいがいが。風邪を引きそうだなと思ったら、うがいや手洗いのあと、おまじないのようにホットレモネードを作って飲む、といった経験がある人におすすめ。

販売価格は270円(税込)。白いマグになみなみ入った薄カナリア色のドリンクには、皮をむいたレモンスライスが2枚、ぷかっと浮かんでいます。ただの輪切りではなく、各店舗で作っているハチミツ漬けなのだそう。鼻を近づけてみると、湯気と一緒に立ちのぼるのは、すっぱい柑橘の香り。ちょっとなつかしくなります。

カフェ・ベローチェの「はちみつレモン」
レモンのハチミツ漬け2枚入り

一口試してみると、とてもしっかり甘味がついているので、アメをなめるような気持ちですすってゆきます。初めは熱々なので、ノドが荒れている場合は一度に沢山飲もうとするとむせてしまいがち。ゆっくり、ゆっくり冷ましながら小量ずつ飲んでゆきます。

マグの中身が減ってきたら、ついてきたフォークでレモンスライスをすくうと、なかなかきれい。せっかくなので、ひときれ食べてしまうことに。果肉を歯でつぶすと、ドリンクとはまた違った風味の果汁が口にあふれます。ハチミツがしみこんでいて、案外口あたりがよいかも、と感じるのは最初の一瞬だけ。

カフェ・ベローチェの「はちみつレモン」
きれいだけど、やっぱりすっぱい

やっぱり口がすぼまるほどのすっぱさが襲ってくるのですが、ドリンクの甘さになれた舌には悪くありません。これならと、もうひときれもいただきます。あとは舌に残る酸味を和らげようと、ほどほどの温かさになったハチミツレモンの残りを飲み終えるころには体が温まり、ほんの少しだけノドのいがいがも和らいだような気になりました。