洋なしのモンブラン「マロンシャンテリーポワール」
洋ナシとマロン

東京會舘の人気スイーツ「マロンシャンテリー」に新たな季節限定品が登場する。11月は「洋梨」、12月は「カフェキャラメル」が販売される。

マロンシャンテリーは、東京會舘で60年ほどのあいだ人気を博している歴史あるモンブラン。11月限定の「マロンシャンテリーポワール」はふんわり裏ごしした栗をさわやかな甘さの洋梨の生クリームでかざったものとか。ほんのり酸味もあり、後味がすっきりしているそう。通常のマロンシャンテリーも引き続き注文できるので、シェアしたり持ち帰りしたりして食べ比べも可能。

12月の「マロンシャンテリー カフェキャラメル」は、コーヒーの深いコクのあとに焦がしキャラメルのほろ苦さとすっきりとした甘さの余韻を持たせたそう。中には定番のマロンシャンテリーと同じく甘露煮にしてこした栗が入っている。こちらもイートインのほか持ち帰りができる。

キャラメルモンブラン「マロンシャンテリーカフェキャラメル」
コーヒー、キャラメル、そしてマロン

価格は980円(税込)で、イートインのみ別途サービス料がかかる。