台湾料理「巧匠」のワンコインランチ
500円でランチ!

東京・目黒にある「巧匠」は500円でランチが食べられる台湾料理のお店。台湾小吃(シャオチー)を掲げたお店だ。

目黒の台湾料理店「巧匠」
お店はここ

立地は目黒駅から目黒通りを白金台方面へ進んだ、庭園美術館前の上大崎交差点。住宅街とオフィス街が境を接する場所だが、平日のランチタイムは会社員のお客がとても多い。点心も人気だが、目を引くのはワンコインランチ。500円(税込、以下同じ)で食べられる「三絲蛋飯」と「紅焼ケイ飯」の2種類。

今回は紅焼ケイ飯を頼んでみた。鶏肉と根菜の醤油煮込みをとろみのある餡(あん)にからめてご飯の横にかけた一皿料理。セットで薬膳スープがついている。

目黒「巧匠」のワンコインランチ
紅焼ケイ飯

薬膳スープの塩気は控えめ。ただしよくダシが出ていてコクがある。ひとさじごとに腹にしみわたる味。季節の変わり目で体力が落ちているときにはありがたく、気持ちも和らぐ。クコの実などがいろどりになっていて目にも楽しい。

巧匠の薬膳スープ
薬膳スープは塩気は少ないがコクは濃厚

初めはスプーンで味わっていても、途中からカップの柄を持って直接飲んでしまう。お腹がちょっと落ち着いたところで、ご飯の方にとりかかる。

巧匠の薬膳スープ
クコの実が彩り

紅焼ケイ飯は、あんかけご飯。お米もあんもボリュームはたっぷりだ。鶏もも肉、ダイコン、ニンジンがいずれもごろごろ入っている。スプーンでとりやすいひとくちサイズ。口に入れてみると、形はしっかりしているのに、肉も野菜もすぐに舌の上で崩れるぐらいにやわらかい。

巧匠の紅焼ケイ飯
ボリュームたっぷり

かすかに八角の風味がするが、香辛料の使い方はとてもおさえめで、肉や野菜のうまみをうまく出していて、和食にも似たところがある。シンプルな構成だが、500円でこれなら大満足だ。

目黒の紅焼ケイ飯
肉と野菜ごろごろ