こがねの「ロースかつ定食」
ロースなのに脂が軽い

東京・目黒の「とんかつ こがね」のロースかつ定食はやわらかな豚肉の風味がよいのに、脂が主張しすぎないおいしさ。さらに「SPF豚」というあまり聞かない豚肉を使っているのが特徴だ。

目黒といえばとんかつ御三家と言われる「とんかつ とんき」「とんかつ かつ壱」「とんかつ 大宝」が有名。でも、こがねのとんかつも負けず劣らずの味だ。

目黒駅から目黒通りを上大崎の交差点方面に進んだところにあり、細長いカウンターに座って食べる。平日のランチタイムに行くとお客は若い男性が多い。すでにお昼も遅い時間帯だったが順番待ちになる。

とんかつ「こがね」
お店はここ

店内ではすでに左右の席がうまったところにすわった。おとなりに遠慮しつつメニューを見るとヒレかつやチキンかつ、メンチかつなど色々な定食が注文できるが、せっかくなので林SPFという豚肉を使っているロースかつ定食を頼んでみた。価格は1,200円(税込)と、ちょっぴりお高い感じ。

こがねのロースかつ定食
ロースかつ定食はシンプル

待つことしばし。出てきたロースかつはしっかりした厚みといい、カラっとした揚がり具合といい、上等なとんかつの見本のよう。さっそくかじってみると肉のうまみがとても強い。

こがねの「ロースかつ」定食
まさに、とんかつ

ふだんポークを食べていてそこまで香りや風味の違いを意識しないが、このロースかつは個性がはっきりしていて新鮮。ロースと言っても脂の主張はそこまでではなく、肉そのものがおいしいという印象だった。ソースやレモン、からしが好みでつけられるが何もなしでそのまませサクサクいけてしまう。

こがねの「ロースかつ」定食
脂は香るが、重くはない

キャベツはしゃきしゃき。ご飯や漬け物も文句のない味で、お味噌汁は豚汁。薄ぎりではない大きめの豚肉がごろごろ入っていて、とんかつのお店に来たなとうれしくなる。なおキャベツとご飯はおかわり可能。男性の客はみんなキャベツをもりもりおかわりしていた。

とんかつ こがねの「豚汁」
お肉ごろごろ

ちなみにSPF豚というのは何かなと、お店にあったポスターを手がかりに調べたところ「Specific Pathogen Free(特定病原体不在)」という意味らしい。与える抗生物質などが少なく健康的な豚とのこと。また千葉産の林SPFは脂の軽さも特徴だとか。ロースなのにどこかヒレのようなさっぱりしたところもあるお肉は、なるほどまた味わってみたくなるおいしさだった。

とんかつ こがね
東京都品川区上大崎3-3-4