とらや秋のようかん「新更科」
美しすぎる秋のようかん

とらやで、「新更科(しんさらしな)」という名の美しいようかんが販売されています。9月上旬から10月中旬までの期間限定。

とらや秋のようかん「新更科」
とらやの新更科

更科とは、信濃国(現在の長野県)北部の地名。月の名所として歌にもよく詠まれています。とらやの新更科は、ここの深山にかかる月の美しさを映したようかん。カットすると、真っ赤に染まる空の下、くっきりと浮かび上がる稜線と、ぽっかり浮かぶ丸い月が現れます。

とらや秋のようかん「新更科」

とらや秋のようかん「新更科」
どこを切っても、山と月が

どこで切っても断面に美しい景色が浮かび上がるさまは、まるで絵画のよう。鮮やかな色合いもきれいです。

情緒あふれるひと切れを口に含むと…たちまちしっとりとほどけ、ねっとり舌に絡まりながら、やわらかな小豆の甘みを放ちます。ああ、おいしい。緑茶が飲みたい…!

とらや秋のようかん「新更科」
しっとり

とらや秋のようかん「新更科」
ねっとり口どける

価格は、中形が1,944円、竹皮包(1本に2つのようかん入り)が3,888円、いずれも税込。絶対に喜ばれる手土産としても、中秋の名月を眺めながら食べるお月見スイーツとしてもおすすめ。長いようかんのように、来年もその先も、ずっとこの美しい風景が見られますようにと願いを込めて。

とらや秋のようかん「新更科」
光を当ててみました。絶景