ダイソーの「レモンスプレー」
話題になっていましたね

ダイソーのアイデア商品「レモンスプレー」をご存知でしょうか?レモンにねじ込むだけで、簡単に果汁を吹き付けられるようになるアイテムです。

ダイソーの「レモンスプレー」
ダイソーのレモンスプレー

レモンが丸ごとスプレーになるなんて、スイカに蛇口を刺して飲むのと同じノリじゃない!大胆で最高!と完全に勢いで買ってしまったんですが、使ってみたら思った以上にちゃんとスプレーになったのでご紹介します。

◆使い方

パーツはレモンに挿し込む部分と、レモンスプレーを卓上に置いておくリング状の台座に分かれています。

ダイソーの「レモンスプレー」
左が台座リング。右のパーツを挿し込みます

レモンの先端を包丁で切ります。このとき果肉が出ないよう、内皮(白い部分)を残すように切りましょう。

ダイソーの「レモンスプレー」
レモンの先端をカットして

本体の挿し込み部分を切り口から、“かさ”の部分がレモンとぴったりくっつくまでねじ込みます。ぐっと力を入れて押しながら、時計回りにくるくる回すとすんなり入ります。これで準備完了。

ダイソーの「レモンスプレー」
矢印の方向に回しながらねじこむ

ダイソーの「レモンスプレー」
できた

レモンをもみもみしてから、ノズル部分をプッシュ。すると…

ダイソーの「レモンスプレー」
プシュッ!

プシュッと出ました、レモン汁!写真にはしぶきが写せていませんがしっかりと目視できました。ただ、そこまで広範囲に噴きかけられないので、何度かシュッシュして全体にまんべんなくかけるのがいいかも。

何度かスプレーしていると果汁が出なくなってくるので、また実をよくもむと出るようになります。

ダイソーの「レモンスプレー」
もみもみすると復活

レモンがそのままスプレーになっているので、当然噴射されるレモン汁もフレッシュそのまま。さわやかな香りも、キュンとしたすっぱさも、すべてが絞りたてです。揚げ物や焼き物に噴きかけたり、ケーキやヨーグルト、アイスにかけたり、チューハイなどお酒にシュッとしてもいいですね!

ダイソーの「レモンスプレー」
ヨーグルトや

ダイソーの「レモンスプレー」
秋はサンマにも

使い終わったら、リング状の台座にのせて卓上に置いておけます。

ダイソーの「レモンスプレー」
醤油みたいに卓上に置いておける

◆レモン以外にも使える

かんきつ類ならレモン以外でもいけるんじゃないかと思って、オレンジとグレープフルーツで試してみたところ、どちらもちゃんとスプレーになりましたのでご参考まで。

ダイソーの「レモンスプレー」
オレンジスプレーと、

ダイソーの「レモンスプレー」
グレープフルーツスプレー。使い道はお任せします

ちなみに、3つの中ではオレンジが一番勢いよく果汁が噴き出していました(個体値もあるかも)。オレンジやグレープフルーツで何かを味付けするのが好きな方はぜひ。

果たしてレモン汁を絞るより手間がかからないのか?と言われればウームとなってしまいますが(切ったりねじ込んだりもんだりするので)、シンプルに楽しいのでアリです。BBQなどアウトドアシーンで登場させてもみんなの熱い視線を集めそうですね!レモンがスプレーとしてのお役目を果たしたら、スライスしてフルーツウォーターに使ったり、レモン風呂にしたりしてもよいかと思います。