TAICHIRO MORINAGA「キャラメルラスク」

東京・ニュウマン新宿エキナカにある洋菓子店「TAICHIRO MORINAGA(たいちろう もりなが)」。“お菓子をこえる、「をかし」な体験”を届ける、森永製菓のコンセプトショップです。

森永製菓の創業者、森永太一郎氏の“おいしいお菓子を多くの人々に届けたい”という想いを新しく形にしたお店。ニュウマン新宿のほか、兵庫の大丸神戸にも常設店が展開されています。

見覚えのあるデザインに惹かれて購入したのは「キャラメルラスク」。ラスク専用に焼き上げたブリオッシュを、森永のミルクキャラメルとたっぷりのバターで仕上げた商品です。「キャラメル」と「深みキャラメル」の2つの味が楽しめるアソート。4枚入りの価格は486円(税込)。

TAICHIRO MORINAGA「キャラメルラスク」
かわいいパッケージ

袋を開けた瞬間にキャラメルの香りがふわり。歯をたてるとサクッと軽やかな音とともに、口いっぱいにとろけるような甘みを広げていきます。舌に残るバターの風味がリッチ。親しんできた森永ミルクキャラメルのおいしさを新しい形で楽しめます。

TAICHIRO MORINAGA「キャラメルラスク」
サックリ甘く香ばしい

深みキャラメルはまろやかなコクが印象的。香ばしさと甘みが一体となった、その名の通り深みのある味わいです。

TAICHIRO MORINAGA「キャラメルラスク」
濃厚!

「キュービックフィナンシェ塩キャラメル」は、こだわりのキャラメル原料とゲランドの塩を使用し、絶妙な火加減で焼き上げた商品。キューブ状にして均等に火が入るよう工夫されています。3個入りの価格は594円(税込)。

TAICHIRO MORINAGA「キュービックフィナンシェ」
コロンとふた口サイズ

しっとりしているけれどムギュッと噛み応えもある新しい食感。甘みの中にほんのり苦みを感じます。後から効いてくるのが塩。コクを引き立てながらキレのある後味へと導いています。甘いだけのフィナンシェとは一味違った、ちょっぴり大人向けの味わい。

TAICHIRO MORINAGA「キュービックフィナンシェ」
甘み、苦み、塩味のバランスが絶妙

紹介したもののほか、こだわりのつまったチョコレート「ハイクラウン」や「エアレーションプルミエ」などがラインナップ。“美しい、趣がある、心惹かれる”を意味する「をかし」な体験が楽しめるお菓子は、大切な人への手土産にもぴったりです。
TAICHIRO MORINAGA NEWoMan新宿店
住所:東京都渋谷区千駄ケ谷5-24-55