アルファラマーケットのお菓子
南アジアのスイーツが食べたい

池袋北口周辺は、変わりゆく東京を象徴するエキゾチックな区域。林立するビルの1つにあるパキスタン食材店「AL-FLAH SUPER MARKET(アルファラスーパーマーケット)」は南アジアのスパイスからお菓子、お茶までそろう。

細長いビルの4階にあるお店

「アルファラマーケット」の店内風景
細長いビルの4階にこつぜんとあらわれる

池袋北口周辺。ピンクの看板にまじって中国の地方料理を出す飲食店が並び、道を歩けば日本語以外の言葉もよく聞こえ、夜ともなれば客引きがほろ酔いの通行人に声をかける。

アルファラスーパーマーケットがあるのも繁華街だが、昼のあいだはやや静か。外目にはほとんどようすが分からない、細長い「大野屋ビル」の4階に上がると、こつぜんと店があらわれる。

ちなみに運営会社は30年ほど前から「ハラール食材」の輸入を手掛けているとのこと。

中に入ると、パキスタンを中心に南アジアや西アジアの食材がずらりと並んでいる。スパイスの棚を見ると、カレーに定番のクミンにコリアンダー、お菓子や南アジアの濃いミルクティー「チャイ」に入れるシナモン、そのほか用途がすぐにはぴんと来ないものまで。100gから1kgまでサイズの異なる袋があり、まとめ買いすればお得そうだが、はたして家庭で使い切れるのだろうか。

アルファラマーケットのようす
スパイス

レトルトのパキスタンカレーも売っている。ちょっとしたレストランが開けそうな種類がある。ほかには南アジアで人気のカップヌードルに、各種調味料。日本産の「ハラル醤油」なんてものもある。

アルファラマーケットの店内風景
パキスタンカレー

アルファラマーケットのようす
ハラル醤油とは

お茶も風変わりなフレーバーがある。ジャスミンやアップルは分かるが、カルダモンとは面白い。お菓子を見ると、「ハルワ」に「ソーパークッキー」と知らない名前。「グラブジャムン」は覚えがある。インドをはじめ南アジアで食べる「世界一甘いお菓子」だ。

アルファラマーケットのようす
カルダモンフレーバーのお茶?

アルファラマーケットのようす
お菓子いろいろ

アルファラマーケットのようす
さまざまな国からの輸入品

グラブジャムンのようす
グラブジャムンは知ってる!
アルファラスーパーマーケット
住所:東京都豊島区池袋2-41-2