山陰銘菓「どじょう掬いまんじゅう」
ひょっとこのおまんじゅう

ユーモラスなお菓子を見つけました。山陰銘菓「どじょう掬いまんじゅう」。安来節に合わせて踊る「どじょう掬い踊り」に使われる、“ひょっとこの面”をイメージしたおまんじゅうです。

山陰銘菓「どじょう掬いまんじゅう」
どじょう掬いまんじゅう

山陰銘菓「どじょう掬いまんじゅう」
中にはひょっとこが

1967年に誕生し、山陰のお土産菓子として大ヒットしたどじょう掬いまんじゅう。全国菓子博覧会で受賞したこともあるそう。


ひょっとこの顔をしたおまんじゅうに、水玉模様の手ぬぐい風包装紙がかぶせてあります。これを取るとつるんっとハゲ頭が登場。愛おしいですね。

山陰銘菓「どじょう掬いまんじゅう」
手ぬぐいを取ると

山陰銘菓「どじょう掬いまんじゅう」
つるん

ふかふかの生地の中には、ほっくりとした白あんがぎっしり。しっとりと口どけよく、上品な甘さの昔ながらのおまんじゅうです。

山陰銘菓「どじょう掬いまんじゅう」
お茶に合う

ひょうきんな見た目に反して味は正統派。フレーバーはこのほか、チョコや抹茶、いちご、栗などが展開されています。受験シーズンには、「受験生を救う(すくう)どじょう掬いまんじゅう」と縁起をかついで買う人も多いんだとか。

箱を開けると思わず笑みがこぼれるおまんじゅう。島根や鳥取を訪れた際には、笑顔にしたい人へのお土産としてぜひ。