肉汁たっぷりメンチかつ
肉汁をうまく閉じ込めたメンチかつがおいしい

東京・目黒のとんかつの名店「とんかつ 大宝」。肉汁をたっぷり閉じ込めたメンチカツは、食べやすいサイズ。かりっとした揚げ物を楽しみたいが、ロースかつはさすがに重い、という人にぴったり。

坂道の商店街にあるお店

とんかつ大宝の外観
普通のとんかつのお店。ただしかなり混んでる。

大宝は目黒駅西口を出て、目黒通りの権之助坂(ごんのすけざか)を目黒川まで下る途中にある。駅から歩いて5分ぐらいだろうか。近くにある「とんかつ とんき」「とんかつ かつ壱」などとともに目黒のとんかつ御三家とも呼ぶとか。

見た目は商店街にある普通のとんかつのお店。しかし細長い店内のカウンターとテーブル席はぎっしり埋まり、外には入店待ちの人も。結構女性が多い。

近くのドラッグストアで買い物などをしつつ、うまく席が空いたタイミングで座る。ロースかつやヒレかつもよいが、ちょっと気になるメンチかつ(1,050円、税込)をたのんでみた。

肉汁を閉じ込めたメンチかつ

大宝のメンチかつ
肉汁はそのままだとこぼれてはこない

お茶と漬け物、サラダが先に出るので、つまみながら待っていると、調理場でお店の人がはたらくようすが間近で見える。

次々にロースやヒレが揚がるなかで、注文したメンチらしきものも油から上がってきた。お店の人は食べやすい大きさに切り分けたあと、なぜか熱した包丁らしきものをかつのカット面に押しあてる。

面白いなと観察しているうちに、やがてご飯、ミソ汁とともに、くだんのメンチかつが到着する。気になるカット面を見ると、特に変わったところはない。しかし一口かじってみるとじゅわっと肉汁があふれる。どういうしかけなのかは分からないが、このメンチかつは切ったあとも肉汁をこぼさず、閉じ込めてあるようだ。

「洋食」っぽさを感じる風味

大宝のメンチかつ定食
すごく和食、でも洋食

さっくりした衣でくるまって、よく火の通ったタマネギとミンチの香りを楽しんでいると、とても「洋食」っぽいなと感じる。考えてみるとメンチかつはカツレツ、つまり欧州由来の料理だ。ご飯とミソ汁、つけものと一緒に食べているのが不思議な気分になる。

メンチかつは肉の風味だけで十分おいしく、ソースはかけてもかけなくてよいという印象だが、添えてあるレモンをしぼると、よりさっぱりする。ご飯のおかずにするのを忘れてメンチかつだけつい平らげてしまいそうになる。

2個ついてくるが、サイズはそこまで大きくないので、ロースかつやヒレかつはちょっとお腹にきついかも、という人によさそう。

商店街にあるとんかつのお店のカウンターに座ったはずなのに、何だかちょっぴりおしゃれな気分になって昼ご飯を終えた。