クーリッシュシャワーの作動時
「クーリッシュシャワー」レベルMAX時のイメージ

人が近づいて「クゥーリッシュ!!」と叫ぶとその音声を認識し、冷気を噴射する大型マシーン「クーリッシュシャワー」をロッテが開発した。東京都内でイベントとして設置する。

正式名称は「商品名認識型冷気噴射マシーン」。ロッテのアイス「クーリッシュ」の宣伝のために生み出したとする。

クーリッシュシャワー
ディティールの再現度が高い

この夏は都心部が酷暑となるなか、人々に涼しさを提供できるものを作ろうという発想で企画したらしい。クーリッシュのパッケージを模した装置の口部分から、クーリッシュの食べごろとして想定している-8度の温度同等のCO2ガスを噴射する仕掛け。直射日光降りそそぐ屋外スペースに設置して誰でも利用できるようにする。マシーンのそばには本物のクーリッシュも1日あたり約3,000個試供品としてそろえる。

会場は7月21日に東京・お台場の「ダイバーシティ東京プラザ フェスティバル広場」、29日に東京・新宿の「モア4番街」、8月5日に東京・二子玉川の「二子玉川ライズ」を予定している。