サッポロライオンチェーン
8月4日はサッポロライオンチェーンで生ビールが半額

銀座ライオンなどサッポロライオンチェーンの各店舗(一部を除く)で、8月4日は生ビールが半額になる。「ビヤホールの日」にちなむものだそう。

なぜ8月4日がビヤホールの日かといえば、今をさること100年以上前、1899年(明治32年)のこの日に、東京は銀座の新橋際に日本初のビヤホール「恵比壽ビヤホール」が開店したからだという。

「恵比壽ビヤホール」のイメージ
1899年8月4日に開店した「恵比壽ビヤホール」

「ヱビスビール」のプロモーション店舗として、2階建て煉瓦造りの建物の2階(35 坪)を間借りして始め、 床はリノリウム張り、イスやテーブルはビールの樽材でしつらえるなど当時としては極めてモダンな内装だったらしい。

ここで出したビールは500mlで1杯10銭という値段。当時はコーヒー1杯が2銭だったから、かなり高級品だったことが分かる。

それでもビヤホールは非常に繁盛し、いつでも満員御礼、毎日売り切れの立札をするほどで、 1日の来客数は平均800人に達したとか。遠方から馬車でやってくる人もいたのだそう。

このビヤホールが、今日では銀座ライオンなどを展開するサッポロライオンチェーンの前身。1999年に創業100周年を迎えたのを機に創業日である8月4日を「ビヤホールの日」と決め、日本記念日協会にも認定を受けて祝うことにした。

全国のサッポロライオンチェーンではこの日、樽生ビールすべてを半額にする。「サッポロ生ビール 黒ラベル」 「ヱビス生ビール」「ヱビス プレミアムブラック」「ヱビス&ヱビス(ハーフ&ハーフ) 」「琥珀ヱビス」「ヱビス スタウト クリーミートップ」「白穂乃香」「エーデルピルス」 などだ。ただしグラス、ジョッキのみで、瓶、缶ビールなどは対象外なので注意を。