シャトレーゼの「ぶどう餅ピオーネ」
タネなしブドウがまるごと一粒入ってる

シャトレーゼで販売中の「ぶどう餅ピオーネ」。ジューシーなタネなしブドウを、白玉粉から作ったやわらかいおモチのような「ぎゅうひ」で包んだ一品で、フレッシュフルーツと和菓子の両方が一度に味わえる。

シャトレーゼのフレッシュフルーツ入り和菓子といえば、7月初旬に「さくらんぼ餅」がTwitterで話題になった。さっそく買いに走ったが、なんと期間限定商品のため中旬でいったん販売終了。また味わうには早くとも来年まで待たなくてはいけないと知ってがっかりしたものだ。

シャトレーゼの「さくらんぼ餅」
こちらの「さくらんぼ餅」は7月中旬までにいったん販売終了。かなしい

そんな悲しみをいやすかのごとく、入れ替わりに登場したのが、ぶどう餅ピオーネ。いったい、さくらんぼ餅に匹敵するほどおいしいのかと、試しに購入してみた。

シャトレーゼの「ぶどう餅ピオーネ」
俺は「ぶどう餅ピオーネ」でいく!

口に運ぶと、まずぎゅうひのやさしい甘味が舌をなでる。しっとりした食感はいかにも和菓子らしい。これは熱い日本茶に合うかもしれないと思いつつ、なにげなく歯を立てたとたん果汁があふれて驚いた。よく考えると、生のブドウがまるごと一粒入っているのだから、たっぷり果汁を含んでいるのは当たり前。一転してフレッシュフルーツをかじっている感覚になる。やっぱり冷たい紅茶が合うかもしれない。

さくらんぼ餅はサクランボの甘味が強かったが、ぶどう餅ピオーネはむしろ酸味がこころよく、ぎゅうひの甘味が引き立つ印象だ。また、さくらんぼ餅はタネに気をつけて食べる必要があるが、ぶどう餅ピオーネはタネなしの品種を使っているのであまり気にせずモグモグできる。

シャトレーゼの「さくらんぼ餅」
さくらんぼ餅はタネがあるけど

シャトレーゼの「ぶどう餅ピオーネ」
「ぶどう餅ピオーネ」は基本タネなし(ヘタなどが入ってる場合はまれにある)

食べ比べたところ、味の甲乙はつけがたい。贅沢をいえば一皿に一個ずつ、さくらんぼ餅とぶどう餅ピオーネを盛りつけていつでも好きなときに楽しみたい。しかしそれはかなわぬ願い。季節ごとの旬の味を満喫することにしよう。販売価格は、さくらんぼ餅6個入りが540円(税込、以下同じ)、ぶどう餅ピオーネ5個入りが453円。