多加水麺を使った冷やし麺
「モッチモッチ」の多加水麺を使った「冷し台湾風まぜそば」

ファミリーマーの冷やし麺に新顔が登場した。「冷し台湾風まぜそば」と「冷し魚介豚骨つけ麺」が店頭に並んでいる。サークルK、サンクスでも買える。ただし一部地域では取り扱いがない場合もある。

いずれも通常より麺に多くの水分を練りこみ、もちもちした食感にした「多加水麺」を使ったとする。

冷し台湾風まぜそばは、多加水麺に牛肉の旨みに魚粉を加えたピリ辛スープを合わせ、具材には山椒風味の肉そぼろ、チャーシュー、ゆで卵、モヤシ、青ネギ、白ネギを使っている。別添のきざみのり付き。

もう一つの冷し魚介豚骨つけ麺は、多加水麺に豚ガラスープに魚粉を加えたスープを合わせている。具材にはチャーシュー、メンマ、モヤシを使った。別添で七味唐辛子付き。

多加水麺を使った冷やし麺
「冷し魚介豚骨つけ麺」も多加水麺を使っている

販売価格は冷し台湾風まぜそばが498円(税込、以下同じ)、冷し魚介豚骨つけ麺が540円。