そうめん屋はやしの「そうめん」
お店でプロが作る「フルパワー揖保乃糸」

ブランドそうめん「揖保乃糸(いぼのいと)」といえばお中元の定番。でも実は家庭で味わうものと違った高級品を、お店でプロが調理した「フルパワー揖保乃糸」なるものが存在するらしい。東京・大井町の専門店「そうめん屋はやし」で食べられると聞き足を運んだ。

フルパワー揖保乃糸とは

「フルパワー揖保乃糸」を知ったのは7月はじめのTwitterの話題がきっかけだ。揖保乃糸の故郷、兵庫・竜野市の「揖保乃糸資料館」にあるレストランでは、高級揖保乃糸を使ったプロのそうめん料理が楽しめるという。

ただ竜野は遠い。都内でも食べられないかと、資料館を運営する兵庫県手延素麺協同組合に問い合わせたところ「2018年現在、直営レストランがあるのは竜野のみ」とのこと。

がっかりしていると、向こうは気の毒に思ったのか「レストランなど向けの高級揖保乃糸は特約店を通じ全国に販売しているので、そちらを調べては」と助言してくれた。なるほどと検索すると、東京・大井町に「そうめん屋はやし」という揖保乃糸の専門店があるようだ。

いざ大井町

大井町駅西口を出て、線路沿いに西に数分歩くと「ブリリア大井町ラヴィアンタワー」というビルの1階にお店が見つかる。

落ち着いた雰囲気の店内で、ランチメニューを開くと見事にそうめんづくし。すべて揖保乃糸を使っていているとか。一年間管理のゆきとどいた専用の倉庫で寝かせた熟成させた「ひね物」だそう。これをプロが調理してくれるらしい。フルパワー揖保乃糸への期待が高まる。

そうめん屋はやしの揖保乃糸

シンプルにそうめんのみ味わうなら2束600円(税込、以下同じ)だが、お腹も空いていたので、食べ応えがあり男性にも人気という豆乳、お肉、ラー油入りの坦々麺風を頼んだ。値段は900円。さらにそれだけで本当に満腹になるか不安だったので、夏にぴったりというシラスの小丼もつけた。こちらは300円。

そうめんと小丼のセット
だって、そうめんだけだと足りないかと思って…

ボリュームたっぷりのフルパワー!

しばらくして出てきたのは、よく知るそうめんとは別の料理。冷やし中華のような、冷製パスタのような盛りつけ。ただ箸をとって持ちあげてみると、確かにそうめん。銘柄は赤帯のひね物、だそう。

そうめん屋はやしの揖保乃糸
そうめんだけでもしっかりボリュームあり

さっそく一口味わうと、麺というよりプリプリしたゼリーのような食感。コシはあるのに歯でちょっと力をかけただけで切れるぐらいやわらかい。麺が細いせいか、下にしいたダシがものすごくよくからむ。濃厚な豆乳やピリっとしたラー油の風味がしっかりするので、男性に人気なのも分かる。ちなみにたっぷりのった青ネギやミョウガの薬味を麺と一緒に食べるとさっぱりして、くどさは感じない。

そうめん屋はやしのそうめん
ゼリーみたいな食感。コシがあるのにやわらかい

お肉だけでなく温泉卵も入っているので、割ってからめて食べる。これまたそうめんによくからむ。完食するころには十分にお腹が満たせていて、小丼を頼んだのは余計だったかもしれないとちょっと後悔した。

温泉卵と薬味と揖保乃糸
薬味でさっぱり、卵でこってり。どちらも揖保乃糸によくからむ。

ただ小丼にいざ箸をつけてみると、シラスのシンプルな味がご飯によく合い、いろいろ工夫をこらしたそうめん料理とはまた違ったよさがある。結局どちらも完食し、多幸感にぼんやりしていると、壁には「牛タン」の文字がある。なんと夜に来ると、そうめんと一緒に牛タンも楽しめるらしい。どんな味がするのだろう。いずれまた確かめたい。

そうめんについてきたシラス丼
シラス小丼―揖保乃糸を楽しむだけならなくてもいいけど、やっぱりあった方が!

竜野の揖保乃糸資料館とはまた違うが、東京でも気軽に通える範囲で「フルパワー揖保乃糸」が食べられるのは素晴らしいなと思いつつ、お店をあとにした。
そうめん屋はやし
住所:東京都品川区大井1-16-2