パルム、ガーナ、ゴールドラインを食べ比べ
よく似た3つのアイスを食べ比べ!

森永「パルム」、ロッテ「ガーナ」、明治「GOLD LINE(ゴールドライン)」。お気づきの方も多いと思いますが、この3つのアイスって似ていますよね?いずれも、バニラアイスをチョコレートでコーティングしたバータイプのアイスです。

今回編集部では、よく似たこれらの3商品を食べ比べ!違いを探してみたところ、チョコとアイスの濃さ&口どけにはっきりと個性が出ていました。

◆3つのアイスを食べ比べ!

パルム、ゴールドラインは個食用、ガーナは箱入りタイプしかなかったのでこちらを購入しました。ガーナだけほかの半分強のサイズ感です。

パルム、ガーナ、ゴールドラインを食べ比べ

パルム、ガーナ、ゴールドラインを食べ比べ
左手前が小さめのガーナ

改めて並べてみると、外見は(サイズをのぞいて)ほぼ同じ。それぞれのスペックを覗いてみると…

パルム、ガーナ、ゴールドラインを食べ比べ

どれも種別は「アイスクリーム」。パルム、ガーナより、ゴールドラインは無脂乳固形分(牛乳から乳脂肪をのぞいた固形分)や乳脂肪分がちょっと多いんですね。あとガーナは卵が使われていません。

それでは食べてみます。

パルム、ガーナ、ゴールドラインを食べ比べ

まずはパルム。中に包まれたバニラアイスが、ほかの2つより白くてさっぱりしています。くせのない、さわやかなミルク味。

パルム、ガーナ、ゴールドラインを食べ比べ

パルム、ガーナ、ゴールドラインを食べ比べ

パルム、ガーナ、ゴールドラインを食べ比べ

そしてやはり特筆すべきはチョコの口どけのよさ。冷凍庫から出した直後でも、かじったときにチョコが割れません。すぅっとなめらかに歯が通り、そのまま舌の上でじっくり溶けて、あと口にかけてカカオの香りとキレのある苦みが強くなってきます。

続いてガーナ。かじるとチョコはパキッと割れます。まずバニラのコクが広がり、次にチョコのほろ苦さが追いかけてきますが、基本バニラアイスの風味が強く残ります。あと、バニラアイスにほかの2商品にはない独特の風味がありました。植物油脂かな?

パルム、ガーナ、ゴールドラインを食べ比べ

パルム、ガーナ、ゴールドラインを食べ比べ

パルム、ガーナ、ゴールドラインを食べ比べ

最後はゴールドライン。ガーナ同様、かじるとチョコはパキッと割れます。チョコはやや薄いけれど、カカオ分36%の苦みとコクが強く感じられる味わい。バニラアイスも濃厚で、これに負けじとチョコの風味がしっかりあとを引きます。

パルム、ガーナ、ゴールドラインを食べ比べ

パルム、ガーナ、ゴールドラインを食べ比べ

パルム、ガーナ、ゴールドラインを食べ比べ

◆一番おいしかったのは…

個人的に一番おいしかったのは、パルム。口どけがもっともなめらかで、とろけるような食感と、チョコ×バニラが絶妙なバランスで絡み合う洗練された味わいが好印象でした。アイスがサッパリしているので暑い夏でも食べたくなります。

パルム、ガーナ、ゴールドラインを食べ比べ
君が一番好きだ

ガーナはバニラアイスの主張がやや強め。ゴールドラインは、バニラアイスもチョコもどっしり濃厚で食べごたえがありました。どちらかというと秋冬に食べたくなるかな?もちろん、3品ともそれぞれにおいしかったですよ!

ということで、似て非なる3つのアイスの「違い」についてお伝えしました!3商品とも取り扱っているスーパーやコンビニはなかなかないけれど、もし見かけたらみなさんも食べ比べてみては?

※商品情報等は記事執筆時点のものです。