味咲きのモチモチたい焼き
「味咲き」のたい焼き、一度食べたら忘れられない?

全国に東京と神奈川の2店舗しかない(記事執筆時点)んですが、「味咲き」は知る人ぞ知るたこ焼き・たい焼きの専門店。「ここのたい焼きが一番好き!」という人も少なくない、隠れた名店なんです。

噂を聞きつけて編集部も食べてみたのですが、確かに「生地」に関しては、これまで食べたたい焼きの中で1位2位を争うかも…!ということで3品ピックアップしてご紹介します!

味咲きのモチモチたい焼き
たい焼き・たこ焼きの専門店「味咲き」

◆モチモチ!味咲きのたい焼き

たい焼きはサックリふっくらした生地が定番かと思いますが、味咲きのはしっとりモッチモチ!中のあんもたっぷりで、濃密な食感がこれでもかと口の中を満たしてくれます。

味咲きのモチモチたい焼き
しっとりしゅわんと指が埋まる

個人的に一番気に入ったのは「小倉&クリームチーズ」(195円、税込、以下同じ)。

味咲きのモチモチたい焼き
小倉&クリームチーズ

クリーミーで甘くないクリームチーズと、ほっくり上品な甘さの粒あんが口の中で一体になる幸せ。なめらかなコクのある口あたりで、クリームチーズの酸味があずきの甘みを引き立てます。和洋折衷の完全正解パターン。

味咲きのモチモチたい焼き
あんことクリームチーズが!

もう一つファンを虜にしているのが“抹茶”のたい焼き。中にあずきと白玉がごろっと入った「抹茶小倉白玉」(195円)と、カスタードクリームが詰まった「抹茶クリーム」(195円)があります。

中も外もモチモチの抹茶小倉白玉も最高なんですが、今回はあえて抹茶クリームのおいしさに注目。

味咲きのモチモチたい焼き
抹茶クリーム

抹茶生地の中にカスタードクリームがたっぷり。真ん中で割ると、ぽにゅっ!と勢いよくあふれ出てきます。噛むほどにジワジワ広がる抹茶の苦みと、ぽってりまろやかなカスタードのバランスは絶妙!抹茶がけっこうしっかり苦いのがおいしさのポイントです。

味咲きのモチモチたい焼き
あふれんばかりのカスタードクリーム

そして最後は変わり種、「ハムマヨチーズ」(195円)。プリプリのハムに、まろやかなチーズとマヨネーズが組み合わされたおかず系たい焼きです。

味咲きのモチモチたい焼き
ハムマヨチーズ

ハムとチーズのしょっぱい味とマヨネーズの酸味がしっかりきいたパンチのある具を、やわらかくモチモチした生地がやんわりと抱きとめます。ほかにお好み焼きの具材が入った「お好み鯛焼」(195円)もあるんですが、こっちも絶対おいしいと思う。

味咲きのモチモチたい焼き
甘くないたい焼きもおいしいんだな

味咲きのたい焼き生地は口どけがよく、冗談抜きで一度に3個はいけます。モチモチ系パンケーキにも近いものがあるので、チョコとかフルーツ系あんとかアイスなんかにも合うと思うんですよね。もっといろんな味が増えたら嬉しいな~。

少し冷めてもモチモチは健在なので、テイクアウトしてもおいしさは持続します。味咲きのお店は少なく、池袋と東戸塚の西武にしかない(記事執筆時点)んですが、近くを通りかかったらぜひ一度食べてみて!きっと虜になると思います。

味咲きのモチモチたい焼き
モチモチ好きは食べて損なし