餃子の王将「よだれ鶏」「よだれ鶏冷麺」
再販を望む声にこたえて

「餃子の王将」各店で、創業50周年感謝メニューとして、昨年(2017年)より再販を望む声が多かった「よだれ鶏」が復活します。さらに、新メニューとなる「よだれ鶏冷麺」も登場。6月1~30日の1か月間限定で販売されます(一部の店舗をのぞく)。

よだれ鶏は、中国の四川省で生まれたメニュー。そのおいしさから「想像するだけでよだれが出る」というのが名前の由来です。王将のよだれ鶏は、しっとりやわらかな国産蒸し鶏に、香味ラー油と山椒がピリッときいたタレをかけて仕上げられています。価格は584円(税別、以下同じ)。

一方よだれ鶏冷麺は、北海道産小麦粉を使った喉ごしのいいもっちりとした麺に、国産蒸し鶏と季節の野菜がトッピングされたもの。特製ダレとからめて味わう一品です。価格は732円。

あわせて、よだれ鶏に餃子3個、ライス中、スープがついた「フェアセットA」(843円)、よだれ鶏冷麺に餃子3個、杏仁豆腐がついた「フェアセットB」(899円)も用意されます。