麻布かりんと「こがし黒蜜かりんとまん」
ふにゃふにゃの、かりんとう?

“かりんとう”と言えば、かりかりサクサクとした歯ごたえが特徴。ですが、東京・麻布十番のかりんとう専門店「麻布かりんと」には、その真逆の“やわらかいかりんとう”があります。その名も「こがし黒蜜かりんとまん」!

これがめちゃくちゃウマい。個人的には今年食べた和菓子の中で一番好きでした。1個92円(税込)と値段も手ごろなので、ぜひ一度食べてみてほしい。

麻布かりんと「こがし黒蜜かりんとまん」
写真は6個入り、1箱702円(税込)

◆ほろにが香ばしくて鬼ウマ

見た目はかりんとう(やや太い)ですが、しっとりやわらかなおまんじゅう。ていねいに焦がした黒蜜を練り込んだ生地でこしあんを包み、油で揚げて仕上げられています。

麻布かりんと「こがし黒蜜かりんとまん」
食べる前からかりんとうのこんがりとした匂い!

はむっとほお張ると、しっとりふにゃんと口どける生地。中のこしあんとともに、なめらかに溶けて舌を包みます。

麻布かりんと「こがし黒蜜かりんとまん」
生地はしっとり、あんはなめらか

口の中にパッと散り広がる、こんがり焦がしたような香ばしさ。黒蜜のコク深い甘みと、やや強めの苦みがじんわりと追いかけてきます。甘×苦のバランスが絶妙すぎる…!

◆どこで買える?

ここ最近食べた和菓子の中でもダントツにおいしかった、こがし黒蜜かりんとまん。かりんとう好きはもちろん、いつものおまんじゅうに飽きた人や、年配の人への差し入れにもおすすめです。

かりんとまんは、麻布かりんとの各店舗で購入できます(オンラインショップでは取り扱いなし)。1個売りは麻布本店と大丸東京店のみ。この2店舗では“揚げたて”も食べられます。ただし完売している場合もあるので、来店前にお店に確認するかお早めに足を運ぶのがよさそうです!

麻布かりんと「こがし黒蜜かりんとまん」
ぜひ一度味わってみて