富澤商店「冷凍メロンパン」
メロンパンは好きですか?

コンビニでも必ずパンコーナーに並ぶ人気者、メロンパン。既製品ももちろんおいしいけれど、自宅で焼きたてを食べられたらどんなに幸せでしょうか。

そんな願いを叶えてくれる商品を見つけました…!富澤商店(とみざわしょうてん)で販売されている「冷凍メロンパン」。カルディの冷凍クロワッサンで味をしめた編集部がさっそく試してみたところ、恐ろしいほど本気のメロンパンができあがりました!


富澤商店「冷凍メロンパン」
富澤商店の冷凍メロンパン

●室温で放置して焼くだけ

パン生地にメロン果汁入りのビスケット生地を重ねて、そのまま凍らせたメロンパン種。3個入りで356円(税込、以下同じ)です。

つくり方は、室温で放置(解凍・発酵)して、オーブンレンジで焼くだけ。小麦粉も卵もいりません。

まずは天板にクッキングシートを敷き、間隔をあけて生地を並べます。乾燥しないようラップをかけ、室温で1時間弱放置して解凍。

富澤商店「冷凍メロンパン」
長く置きすぎると生地がべたつくので注意!

解凍できたらお好みでビスケット生地にグラニュー糖をまぶし、再び天板に並べます。生地がもとの大きさの1.5倍ほどにふくらむまで、約90分室温で置いて発酵させます。

富澤商店「冷凍メロンパン」
グラニュー糖を

富澤商店「冷凍メロンパン」
まんべんなく

ふくらんだら、180度のオーブンで15分ほど焼くだけ。…なのですが、冬場は想定より発酵に時間がかかるかも。私は90分室温で置いてみましたがじゅうぶんにふくらまなかったので、40度の電子レンジで20分ほど発酵させました。このへんは季節や気温によって変わってくるので、様子を見ながら調整してくださいね。

富澤商店「冷凍メロンパン」
発酵させた生地

さて、オーブンに入れて15分後。焼き上がったメロンパンがこちらです。

富澤商店「冷凍メロンパン」
これ売れるんじゃないの…?

衝撃的にふくらんでる…!ぷっくり丸くて、なんて愛おしいの。

富澤商店「冷凍メロンパン」
焼きたてホカホカです

たまらずかぶりつくと、表面は「カリッ、ザクッ、さくさくっ」と香ばしい食感。中の生地は感動するほどフワッフワで、噛むほどにバターのコクとメロンの上品な香りがふわっと広がります。しゃりしゃりとしたグラニュー糖の甘みもいいアクセント。パン屋さんのできたてメロンパンそのものです、本当においしい!

富澤商店「冷凍メロンパン」
グラニュー糖をまぶすの正解です

●「冷凍フランスパン」もウマい!

富澤商店では冷凍メロンパンのほか、「冷凍クロワッサン」や「冷凍フランスパン」も販売されています。今回は冷凍フランスパン(5個入りで345円)にもチャレンジ。

富澤商店「冷凍フランスパン」
冷凍フランスパン

じっくりと熟成された冷凍のフランスパン種。好きな形に成型できるので、オリジナリティを出したいという人にはこちらがおすすめです。

富澤商店「冷凍フランスパン」
3~4個まとめて細長くのばしてバゲットにしたり、丸いままテーブルロールにしたり

メロンパン同様、ラップをかけて室温で40~50分ほど解凍します。お好みの形に成型して再び室温で1時間ほど発酵させたら、180度のオーブンで約15分焼いて完成!今回は、丸いままの生地に切り込みを入れてテーブルロールにしてみました。

富澤商店「冷凍フランスパン」
発酵させたら切り込みを入れて、焼くだけ

富澤商店「冷凍フランスパン」
わ~お!

フランスパンも驚くほど本格的に焼き上がりました。外はパリッと香ばしく、中はふっくらモッチモチ!まず食感がとっても美味です。思ったよりもやわらかくて食べやすい。

富澤商店「冷凍フランスパン」
ふかふか

味はあっさりしていて、ややしっかりめに塩気がきいているので、お食事パンにぴったりです。パスタやステーキの残ったソースを、これにたっぷり絡めてほお張りたい。

富澤商店「冷凍フランスパン」
中はモッチモチ!

●時間に余裕をもって焼くべし

冷凍メロンパンもフランスパンも、解凍して焼くだけで超絶美味に仕上がりました。価格もお手ごろなので、冷凍庫に常備必須かも。

ただひとつ難点をあげるなら、待ち時間が長い。手間はかからないのですが生地の解凍と発酵に時間がかかるので、焼き上がるまで少なくとも3時間くらい見ておいた方がよいと思います。まあ、待った分だけおいしさもひとしおですので、そこはご愛嬌ということで!

富澤商店「冷凍メロンパン」
時間に余裕をもって焼いてね